こども食堂2日目

2回目のこども食堂が開かれる。
うちのビルの一階二階を開放している。

主に「発達障害」の子供たち向けだ。

発達障害という呼び方…
以前から命名に違和感がある。

先日も中高の同級生に指摘された。

「昔も今もお前発達障害やな」

誇らしい!

本気でそう思っている。

子供を持つ親の気持ちはわかる。
親が気軽に相談できるスペース。
そういう場所を提供できれば。
その思いから実現した。
だからこれまでの「こども食堂」とは
少しイメージが違うかもしれない。

初回は宣伝せず口コミのみで大盛況。
50人以上が来てくれた。
発達障害の子もそうでない子も。
区議の方や大人も参加してくれた。
もちろん大人は有料。
でもワンコイン。
安すぎるやろ!

とにかく混ざり合うことが大事だ。
子供たちは自分らで何とかする。
むしろ母親がナーバスになっている。
うちの子を可愛がってくれる子供。
お母さんが心配してオロオロしていた。

うちのスタッフの子供の話だ。
有名中学校に入学した。
周りは「良い子ちゃん」だらけ。
先生の言うことにみな素直に従う。
違和感で何度も泣いていたそうだ。

彼女の小学校は学級崩壊していたらしい。
しかも、6年間ずっと!
発達障害の子が授業中暴れるのだそうだ。
しかし、みんながそれを受け入れていた。
彼女には、それが「普通」だったのだ。

自分自身の子供の頃の風景。
ヤクザ、浮浪者、ただの酔っ払い
さすらいの博打うち、風俗のお姉さん…

そんな大人が周りにたくさんいた。
今では漫画の中でしか見ない大人たちだ。

今の仕事をする上での「財産」だ。

日本の精神病床ベッド数はいくつか?
約32万床!
この数字はもちろん世界一。
皮肉にも医者の数と大体同じ!
身体拘束患者も1万人以上いる。

隔離する。
集める。
なかったことにする。

絶対にちゃうと思う。

もちろん、現場の苦労はわかる。
問題はそこまでの過程だ。
周囲の助けや協力は充分だったか?

問題が起これば解決すればいい。
それだけ。
ただし、みんなで解決する。
「問題」が「視える」ことが大切なのだ。
視えれば、リソースは必ず現れる。
人生を通じてそう確信している。

本日第二回も大盛況になるだろう。
楽しみだ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!