血液型占いってどない?

私の血液型が何型かわかります?

「A型でしょ?」
常にそう答えることにしている。
理由?
40%当たるからだ。

年末の外来はメチャクチャ忙しい。
それでも、どうでもいい質問に答える。
医療はやはりサービス業なのか・・・

大田さん(82歳)は言った。
「さすが先生だわ。わかってくれるのね。
いつもB型かO型でしょって言われるの!」

まだ血液型トークは続くのか…

B型かO型である確率は50%だ。
偶数か奇数かを選ぶ確率と同じだ。

次は必ず
「先生は何型?」
と訊かれる。
「大田さんと同じですよ」
常に相手に合わせることにしている。

血液型占いを信じる。
そういう人は偏見を持っている。
やっぱり~、とか、意外ね~とか。
正直ウザい…

常々ブログでも書いている。
「性格」というものはありません。
あるのは自分の「行動性向」だけ。
A型の性格とかB型の性格とか。
そんなものはありません!
血液型占い師さんに怒られるかも…

でも、気をつけた方がいい。
血液型占いを信じるということ。
それは差別につながる。
血液型は遺伝と確率で決まる。
変えることのできない部分だ。
人の変えられない特性に触れる。
それは差別の「芽」を育てている。
そのことに気づいた方がいい。

占い師さんに最もよく言われるのが
「B型でしょ?」
である。
なかなか勇気のある占い師だ。
20%を当てにきた。
それとも何か偏見を持たれているのか?

どのように占われても
「それでいいですよ」
と答えることにしている。

 

注意)日本人の血液型分布は
A:O:B:AB=4:3:2:1

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!