誕生日はめでたいのか?

「若さを保つ秘訣は真面目に生きて、ゆっくりと食べて、年齢を偽ることよ」

アメリカで「コメディの女王」と謳われた ルシール・ボール の言葉である。
最近は芸能人でも、年齢を偽るのは困難なようだが…

大切な人たちが誕生日を祝ってくれる。
ハッピバースデートウーユー♪
世界で最も有名な歌のひとつに違いない。
毎年毎年この歌を聴きながら、自分の年齢を「心と身体」に刻んでいくわけだ。
「年老いた」と自己暗示をかけることになる。

2016年大阪大学の松林哲也准教授らの発表である(”Social Science & Medicine”)。
1974年~2014年まで40年分の人口動態調査から、事故や自殺で死亡した約207万人の状況を解析。
すると誕生日と死亡日が一致した死者数は8,000人!
誕生日以外に死亡した平均死者数5,700人の約1.5倍だった。
自殺がダントツだったが、事故、溺死、転落死なども、他の日よりも20~40%多かった。
事故死と認定された自殺も隠れていることを考えれば、潜在的にはもっと大きいはずだ。

「孤独に迎える誕生日」が自殺に走らせるのでは、と考察されている。
「社会的交流」の欠如は自殺の大きな原因の一つと考えられている。
最近の発表で、「社会的交流」の欠如が「認知症」の発症原因にもなると報告された。
できるだけ多くのコミュニティに属し、そしてコミュニティを大切にする必要があるようだ。
祝ってもらって自分の加齢を痛感させられ、祝ってもらわなければ自殺したくなる…
「誕生日のお祝い」というのも罪深いものだと思う。

と言いながら、娘にピアノ伴奏つきで「ハッピバースデー」を熱唱する自分がいる。
イヤでも自分の年齢を意識させられ続ける人生にエントリーさせてしまったわけだ…

 

よろず相談所 ONE LOVE
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇