NO MUSIC, NO LIFE

ライブのはしごだった。
もちろん演者として…

昼は高齢者の前で弾き語りと伴奏。
ハーモニカ名人(患者さん)との共演だ。
80歳の女性患者さんはリコーダー独演。
『グリーンスリーブス』と『桜』。
それで「食べていた」時代があるらしい。
納得の素晴らしさだった。

胃がんを克服した患者さんはピアノ。
『エリーゼのために』を演奏してくれた。
たどたどしさがむしろ感動を誘った。
演奏後に
「普段はもっと上手く演奏するのに」
と懸命に言い訳をしていた。
「緊張を想定して練習しないと。
来年リベンジですね」
と助言しておいた。

夜はライブハウスでバンド出演。
対バンは20代前半の若いバンド。
息子でもおかしくない年齢だ。
演目は年齢らしからぬ「渋さ」だった。
むしろ昼間の方々向きの時代感だった。
だけどベートーベンの時代から見れば
その尺は「誤差」に過ぎない。
生き延びる古典はやはり素晴らしい。

月並みな言い方しかできない。
老若男女問わず音楽と関わるべきだ。
それだけは間違いない。

滝田さんは81歳の女性。
かつて「うつ病」と診断されていた。
「ホンマのうつ病の人に申し訳ないで」
現在の主治医は厳しい。
抗うつ剤もドンドン減量しまくった。
今は保険として一錠だけ処方している。
外来ではいまだに愚痴が多い。
鬱陶しいので適当に話につき合っている。
10年間そうしている(ひどい主治医だ)。
今年も年初から愚痴だらけ。
丁度メキシコ帰りだったこともあり、
「一日中ラテン音楽流したら?」
と適当に提案した。
提案した本人が忘れていたぐらい適当。

先日目を輝かせて滝田さんが来院した。
「毎日ラテン。音楽っていいわね」
と踊り出すような動きで報告してきた。

これも時代の賜物だ。
娘がセッティングしてくれたそうだ。
音楽にアクセスするのもたやすい。
インターネットのおかげで。

「音楽で部屋の景色が変わった」
滝田さんは言っていた。

ラテンが滝田さんにハマったのだろう。

提案する。
今すぐ何か音楽を聴いてみては?
普段絶対に聴かないジャンルの音楽を。
それができる時代だから。
色んな景色が変わるかも…

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!