本当に子供は大切なのか?

子供連れで電車に乗った際に、しばしば冷たい視線を浴びせられることがある。
世間の目に過剰反応しているわけではない。むしろ子連れを好意的に見てきたし、こちらもそう見られることを期待している。
だからこそ違和感を覚える。

余談だが、日本の男性は重たい荷物を運んでいる女性を助けない、時々手を貸してくれるのは決まって外国人。そういう意見をよく耳にする。
男性諸君!常に困っている人を探そうぜ!

子供を大切にしない国に未来はあるのか?
謝罪に溜飲を下げる風習、無関係な他人の不倫をバッシングする社会。
いつからこんな意地悪な人が増えたのだろうか?
「満足していない」人が多くなっているのかもしれない。
差別が増える背景に経済的貧困があるという分析は一般的だ。現在の日本は「貧困」なのか?
人は他者と比べて、自分が「不十分」と感じたときに不公平を感じ、不満が爆発するらしい。
これは、「絶対値」ではなく「変化」に反応する神経ニューロンの持つ性質のせいかもしれない。だから「差異」に反応するのかも。
かくして不満は子供や弱者に向かうことになる。

ふと思った。

いまだかつて子供が大切に扱われたことはあったのだろうか?

『資本論』(カールマルクス)の中で、児童が過酷な労働条件の中で酷使され、教育もほとんど受けることができず、早死にしていく記述がある。
資本家は、子供からも搾取する存在だということがわかった。
わが国に目を向ける。
『中世民衆の生活文化』(横井清)の中に、生活に困窮した親が我が子を川に投げ入れて殺していたという記述がある。
明治・大正の頃まで娘を売った貧しい農家の家庭は珍しくなかった。戦時中も、「産めや増やせや」の目的は人員補充である。
現代、子供は宝物のように扱われていると言われて久しいが、本当にそうか?
『学力の経済学』(中室牧子)が売れ続けている。教育を「投資」と考えている親が多い証拠だろう。
21世紀、本気で子供を大切にし、社会で守り育む必要があるのではないだろうか。
今朝、子供が産まれた。ありがたいことだ。
本日、「世界の子供たち全員の教育と医療の機会均等」という人生の宿題を与えられたのだと考えることにする。

日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

■原田文植 著作
「病は口ぐせで治る!」
フォレスト出版

病は口ぐせで治る!原田文植
Amazon Kindle