アル中のアイウオンチュー

笹田さんは(59歳)本当にヤバかった。
アルコール依存症で生活習慣病の宝庫。

まあ、医師の言うことをきかない。
いつもイライラしている。
定期通院は滞り、当然、服薬も滞る。

それが、ここ一年でみるみる改善した。
そして何と断酒が半年続いている。
笹田さんを知る人は奇跡と驚いている。

とにかく雰囲気が変わった。
「若い彼女でもできた?」
訊いてみた。
「税理士を解雇したことだと思う」
いまいち意味がよくわからなかった。

とにかくずっと体調も悪かった。
不満な感情が笹田さんを酒に走らせた。
そしてさらに体調も悪くなる。
悪循環の日々だった。

あるとき税理士の不正に気づいた。
長年雇っていた税理士だ。
あやしいと思ったことは一度もなかった。
かなり前から着服していたようだ。
即刻解雇した。
憑き物が取れたように体調が改善した。
気持ちが晴れ上がった。
以前から同い年の友人に誘われていた。
ようやく誘いに乗る気になってきた。
それは「AKB48追っかけ」のお誘いだ。
友人と全国を廻ってっているらしい。

「……よかったじゃないですか」

人間関係が病の原因になる。
決して少なくない。
笹田さんは、縁切りで劇的に改善した。

税理士に対し、不信感は抱いてなかった。
少なくとも意識には上がっていなかった。
しかし、体調には現れていたのだ。
縁切りすることで晴れあがった。
自分の足元の道に光が射したわけだ。
そして酒もいらなくなった。

人間関係、住居などの環境や職業。
変えるのに勇気が必要なものばかりだ。
逆に、自分が変わる。
すると勝手に離れていくこともある。

余談だが、受刑者は出所後再犯率が高い。
『カリートの道』という映画がある。
新しい人生を送ろうとする主人公。
そう思っても、しがらみが次々現れる。
昔のヤクザ仲間が常に近づいてくる。
結局、悲劇の結末を迎えるお話だ。

何となく今の人生に不満がある。
原因がよくわからず体調がすぐれない。
まじめにやっているのに経済が回らない。
そんなとき、当たり前の習慣を変える。
当たり前の人間関係を考え直す。
住む環境を変えてみる。
根性出すことで改善するかもしれない。

笹田さんは人間関係と趣味を変えた。
すると他の行動性向まで変わった。
笹田さんは幸せそうだ。

一念発起したことで人生変革した。
そんな例は枚挙にいとまがない。
上京した自分も間違いなくその一人だ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植