加点方式のススメ

「物忘れがひどい。老化だね」

相も変わらず、よく耳にする嘆きだ。

「老化なんて存在しない」
何度もそう言ってきた。
若い医者にわかるもんか!
そう顔に書いてある人も多い…

「加点方式で行きましょう」
最近そう言うことにした。

忘れたことに着眼するな。
憶えていることに着眼しよう。

若い(?)医者の話だ。
医師の記憶すべき情報は膨大だ。
いや、無限にある、とも言える。
永遠に目の前に記憶すべき素材は現れる。
自分の記憶のキャパを超える。
そのとき、どう考えるか?
思い出せないことに着眼すると?
気が狂いそうになる。
強迫観念にかられるからだ。
次に進むためには?
結局自分を肯定するしかないのだ。
これだけ憶えてるやん!と。
これが「加点方式」だ。

「全然憶えられない」
「なんにもわからない」
言葉が強すぎるのだ。
ちょっとは憶えているはずだ。
昔のことはよく憶えているのだから。

世の中「減点方式」が多すぎる。
だから老化を言い訳にするのだ。
年を重ねても向上する能力はゴマンとある。
「老化」という言葉を使った途端、老化を
肯定する情報しか見えなくなる。
人間の脳はそういう風にできている。

「お誕生日おめでとうございます」
誕生日付近の患者さんを必ず祝う。
「よかった、先生だけでも祝ってくれた」
渡辺さん(80歳)はそう言った。

誕生日に自殺が増える。
誰も祝ってくれない。
それが孤独感を増幅させる。
そう推測されている。
これぞまさに「減点方式」!
加点方式なら人は死なない。
周りに誕生日だと吹聴すればいい。
必ず「おめでとう」と言ってくれる。

毎日が誕生日と考えるのもありだ。
一日一日、究極の「加点方式」だ。

やったあ!今日も生き延びた!
今日も生きた証を残そう。
これしかない。

日本メディカルコーチング研究所
所長:原田文植