魔法の口ぐせ

今年はじめに起こった出来事。
長谷さんは84歳男性。
孫が白血病を発症した。

自分にできることはないか?
治療におカネがかかるらしい。
なけなしの貯金を下ろして
準備しておくことにした。

銀行に行ってとりあえず
「200万円」下ろそうとした。

下ろせない

説明すればするほど下ろせない。
挙げ句の果て警察がやってきた。

「孫の一大事」「200万円」…
完全に「オレオレ詐欺」を疑われた。


必死で説明するも納得しない警察。
長谷さんは興奮状態で来院した。
血圧は200まで跳ね上がっている!

「先生説明したって下さい!」
普段温厚な長谷さんの顔を真っ赤。
悔しさで目に涙が溜まっている。

主治医は警察に言った。
「息子に電話したらええだけやろ?
血圧200やで。この人殺す気か?」


銀行に連絡されれば警察も
動かざるを得ない。
銀行も銀行でトラブルを避けたい。
みなそれぞれ事情はあるだろう。
問題はやり方だ。

警察は謝罪を残して立ち去った。
人相の悪い上司も謝罪に来た。
人を見たら犯人と思え!
そんな感じでジロジロ見られた。
(こっちの見た目が原因か?)

長谷さんの孫の治療は劇的に効いた。
現時点で寛解に至っている。
すると娘の父に膵癌が見つかった。
幸い、”ステージⅠ”だった。
この段階で見つかることは稀だ。

普段受けない検診で見つけた。
娘の助言のお陰だそうだ。
嫌だった海外転勤が流れたそうだ。
海外に行ってしまっていたら
手遅れだった可能性は高い。

「全部ラッキーでしたね!」
「ええ。良い流れです」
「オレオレ詐欺のお陰かもね」

「かえって良かったんでしょうね」
長谷さんは苦笑いしていた。

孫の白血病。息子の膵癌。
自分の貯金200万円が下ろせない。
全部そこそこ「悲劇」だ。

そんなこんなの結果オーライ。
「かえって良かった」
ハッピーエンドを導き出す
魔法の「口ぐせ」だ。