雨もエエもんです

早い話が
当たりすぎる天気予報も善し悪し
ということだ。

「明日雨らしいね」
飲食店や観光業の商売に響く。
ホテルのクロークは忙しくなるらしい。
袋を用意し、仕分けの手間が増える。
報酬と無関係だから嬉しくはない。

あるプロ野球のOBが言っていた。
プロ野球選手は皆、雨が好きらしい。
朝、雨の音が聞こえる。
「ラッキー!今日は試合中止だ!」
となるそうだ。
野球好きなんじゃないの?
延期するだけでしょ?
とどうしてもツッコミたくなる。
とりあえず目先の「楽」が欲しいのだ。
(ちなみにイチローは例外だった…)

極力天気予報は見ないようにしている。
行動が制約されるのがイヤだからだ。
皮膚感覚と出たとこ勝負!

それで行きたい(生きたい?)。

ある雨の日曜日。
家で4歳の娘と二人ランチをしていた。
「あとで公園行こうよ」と娘。
「アカンわ、今日雨やからなあ」
「雨ってイヤだね」
「その米は雨降らな食えへんで」
「何で?」
「いつもお花にお水かけてるやろ?
お米もお水がなかったら育てへん」
「じゃあ、水かけたらいいんじゃない?」
「その水もなあ、もともとは雨やねん」
「ふ~ん…」

何やら思索している様子だった。

後日妻に説明していた。
「このホウレンソウも雨がいるのよ」

夫婦でびっくりした。

賢い!
適当なこと言えんな…
娘の存在が家族関係を透明にしてくれる。
水のように…