禁煙?余裕、余裕


20歳男性が禁煙外来を受診した。

今ですか?

世間が新型肺炎恐怖で受診控え
しているこの「今」に禁煙?
しかも二十歳で!
17歳から一日30本吸っているとのこと。

「なんで止めたいの?」
「優先してしまうんです」


食べるとき、その前に一服、とやる。
友人との約束があっても、とりあえず
一服やってしまう・・・

別段止めるほどの動機ではないのでは?
健康のためでも、節約でもない。
あまりにも珍しい、「弱い」動機だ。

「マンホールに2歳の子がはまってても
先に煙草吸う?」
「いえ、吸わずに助けます」
「せやろ?止める必要ないんちゃうの?」
「でも止めるために来たんで・・・」

念の為に訊いたが、やはり合法の
「普通」の煙草のようだ。
とにかく決意は固そうなので、一通り
禁煙のコツと落とし穴を伝授した。

禁煙成功後に「好奇心」を出さないこと。
喫煙者は好奇心旺盛でないはずがない。

ホントに止められてるかどうか
試しに吸う

これをやってしまう。
これをすると皆同じセリフを吐く。
「おお、全然止められてる!」
しかし、このときステージが変わる。

「禁煙している人」から
「いつでも禁煙できる人」に・・・


いつでも禁煙できるから、また吸い始める。
こうして再び「喫煙者」になる。

非常に納得したように聞き入っていた。
当院の禁煙成功率は90%を超える。
だから彼も成功するだろう。

しかし、まだわからない。
なぜ「今」「この診療所」に?

やはり喫煙者は好奇心旺盛なのだろう。