真の傾聴

常に何かを心配している長野さんは
84歳の女性。

「好きなんでしょ?心配が」
訊いてみた。

「そうかもしれません」

心配しているぐらいが快適なのだ。
辛さや、しんどさ、忙しさが

快適領域である人は少なくない。

浮気がバレても繰り返すオッサン。
浮気が快適領域なだけではなく、

バレて修羅場も快適領域なのだ。

こういう人に助言は不要。
徒労でしかない。
本人は気づいているのだ。

周囲は振り回されないこと。

病も快適領域である場合がある。
そういう人の話は真剣に聴かない。
本来、治す必要もない。

だって本当は治りたくないのだから。

こっちが消耗する。

寿命が縮まってしまう。

どれほど真剣に聴いているふりを
するか?

それが「真の傾聴」だ。

叱られるな…
絶対に…