父と娘とコロナ


安田さんは81歳男性。
TVやCMにエキストラとして
出演する芸能事務所に入っている。

この年齢の男性にしては珍しく、
日本舞踊や唄も頑張っている。
シュッとしてるし、女性にも
モテるだろうと思う。

独居だが健康への意識も高い。
「安田さんは偉いね。お手本ですよ」
「娘に会う日まで頑張ってるんです」

涙ぐむ安田さん。

安田さんは30年前に妻と離婚した。
それ以来、娘とも会っていない。
再会のその日にカッコいい父でいたい。
涙ぐましい努力をしているわけだ。

「OK、協力しますよ!」
人情医師は安田さんの健気さに
絆(ほだ)された。
定期的に調べ、とびきり良い薬を
出してあげている。

そんな安田さん、こないだの
日曜日に救急搬送された。

めまいが強かったので自ら救急要請した。
一通り検査をし、異常なし。
無事に帰宅した。

4日後当院を外来受診し、話を聞いた。
「翌日には来なきゃ!独りなんだから」
心配して言った。
なぜか安田さんはニヤニヤしている。
「そう思っていたんですが・・・」
と嬉しそうに語り始めた。

搬送された安田さんを心配した弟が、
安田さんの娘に連絡したそうだ。
(最期になるかもしれない)
そう思ったのかも知れない。
娘から連絡があったのだ!

30年ぶりの父娘は会話をした。
「大丈夫なの?」
「大丈夫だよ。お前こそ元気か?」

なんて会話があったのだろう。
主治医に報告する安田さんは
嬉しさで涙ぐんでいた。

昨日も娘から電話があったそうだ。
安田さんが搬送された病院は
院内感染が話題の区の中核病院だ!
「お父さん本当に大丈夫なの?」

30年ぶりに娘に心配をかける父親。
主治医ももらい泣きしそうになりながら
安田さんに言った。
「よかったねえ。これで死ねるね」
うん、うん、うなづく安田さん。

アカンアカン、人生はこれからだ。
コロナウイルス様様だ。
世の中には「怪我の功名」しかない。