永井荷風になりたくて

『荷風と私の銀座百年』

「主人は荷風のように生きたかったのよ」
妻がポツリ。

「荷風のように?」

増岡さんは口を開いた。
「生涯独身でさ」
「無頼の人ですね」
「オレなんて後悔ばっかりだよ」

と妻の前で憎まれ口をたたく。

「エエとこの子でしょ?」

「そう。官僚の息子だよ」

当時の著名人は家柄が良い。
漱石も三島もスゴイ一族だ。
今の日本も変わらないか…
血統や出のアドバンテージは大きい。

そんな話で盛り上がった。

すると妻が
「この人は自転車屋の息子よ」

「大出世じゃないですか!」

官僚なんてしょせん中間管理職。
モノを作り、直す方がエライ!
いや、いい表現ではなかったな。
全国の官僚、自転車屋のみなさん。
いつもありがとう。