気合がスゴイね


「要は気合」
友人で元世界チャンピオンだった
徳山昌守君が現役時代よく言っていた。

「先生は気合がスゴイですね」
患者さんからたまに言われる。
ホメ言葉なのだろうけど、
なんとなくしっくりこない。
「力み」を指摘されているような・・・

数字を駆使し、学術的根拠のある
話を散々しているにも関わらず。

関西弁のせいかな?

「気合」という言葉の意味にも、
階層性がある。
「病は気から」も同じ。
軽々しく使ってほしくない。

「気合」は絶対に大切だ。
というか気合が入らないと何もできない。

気合がない状態はビビっている状態だ。
ビビっているということは、脳内が
恐怖に占拠されている状態だ。
この状態ではミスをする。
注意散漫で医療現場に立ってどうする!
(また誤解される気合の発散か・・・)

正しく情報収集するためには気合が必要。
能力を発揮するためには気合が必要。
世界戦のリングで冷静に戦況を
支配する友人の勇姿に感動した。

気合の使い方は奥が深い。
それぞれのリングで気合を発揮すべきだ。

と書きながら文章の「力み」が悔しい。