毒ですよ!

早い話が
そんなに感染がイヤなら旅行するな
ということだ。

「家にあったクスリを飲みました」
31歳男性飲食店勤務。

「何ていうクスリ?」
「ちょっとわかりません」
「家族はなんでそのクスリもらったの?」
「風邪です」

「君は下痢でしょ?全然ちゃうやん?」

コントではない…

医師しか出せないクスリは怖い。

ましてや、弱っているときだ。

肝炎、胃潰瘍、腎障害…

クスリに副作用があるのは皆知っている。

普段だと極力クスリを飲みたがらない。
なのに、わからないクスリを平気で飲む。

やはり「病」は IQ を下げるのか?

海外で発症した感染症の重症化が

問題になっている。

渡航先で風邪や下痢を発症する。
常備薬として携帯した抗菌剤を飲む。

中途半端な使用で耐性菌ができる。

耐性菌はその名の通り抗菌剤に耐える。
つまり抗菌剤が効かない。
高齢者や抵抗力の弱い人に直撃する。

治す抗菌剤がないのでヘタしたら死ぬ。

非常に罪深いと言わざるを得ない。
旅行用に医師が処方するとは考えにくい。
余ったクスリを持っていくのだろう。
絶対に止めてほしい!

旅行先に持っていくクスリを相談される。
2種類だけ、常備薬として出してあげる。
本当は保険医療上あまりよろしくない。

ちゃんと説明すると長くなる。
別の機会に書くことにする。