手と手で通じ合う

診療終了時に患者さんと握手をする。
毎回するわけではない。
握手が苦手な人もいるので相手を選ぶ。

情報収集の側面もある。
「握力が強い人は認知症になりにくい」
という研究報告を目にしたことがある。
結論から言えば
「そうとは限らない」

である。

手が温かすぎる人は、東洋医学的には
「お血」とされている。
「血」の停滞があるかもしれない。
湿り過ぎている手は自律神経異常かも?
握り方もさまざまあって面白い。

必要以上に力自慢してくる人もいる。

指摘してくれる人もいる。
「先生手が温かいわね。心が温かいのね」
とホメてくれる。
逆に、手が冷たいと感じると
「手が冷たい人は心が温かいのよね」

これまたホメてくれる。

真木さんは94歳の独居女性。
在宅診療をしている。
診療も終わり、立ち去ろうとする。
握手は恒例になっている儀式だ。
「では再来週、また来ます」
なかなか手を放してくれない。
握手をしたままの恰好で玄関まで移動。
気づかれない程度に振り払う。
「ゆっくりしていきなよ」
「次の患者さんもおるんよ」

名残惜しいが、立ち去る。

移動の車内で右手を見て驚いた。
爪痕がくっきりついている…
寂しさと執念…
握手の情報量をあなどってはいけない。