巨人ファンではないけれど


昨年「伝統の一戦」を観に行った。
家族で初の東京ドーム。

一流の技を観るのは楽しい。
その中でも文字通り「一挙手一投足」
異彩を放っていたのが「坂本」だった。

頭二個ほど飛び出ていた。

25年前イチローを藤井寺球場で
観たとき以来の輝きだった。

坂本がコロナに感染した疑いだ。
抗体検査で既感染を表す IgG 陽性。
確認しただけでも4紙に
顔写真が載せられていた。

PCR検査をされたことも「微陽性」
という摩訶不思議な判定も不可解だ。

当初、抗体検査の位置づけは
「次に感染しない」だったはず。
現在においても、抗体陽性となり、
再感染したという報告はない。

最近、抗体検査が、感染していない
ことを証明する道具になりつつある。

結果、抗体陽性者が偏見を持たれる
流れがある。

あほか?(あえて平仮名)
誰?そんなこと吹き込んだ人は?

もうコメントをする気もしない。

数日前、28歳の力士が亡くなった。
プロのアスリートは決して
免疫力が強いとは限らない。
日々の稽古の激しさは
身を削るものだからだ。

張本勲さんは現役時代、地方で絶対に
好物の刺身を食べなかったそうだ。
抵抗力が落ちているから、とのこと。
魔が差し、ウイルス感染することもある。

坂本選手は既感染を公表する義務は
ないし、プライバシーの侵害だ。
この感染力の強いウイルスに
自己責任は一切存在しない。

王室にまで侵入するウイルスやで?

坂本には一層輝きのあるプレーで
何事もなかったように活躍してほしい。