安楽死ツアー

老老介護が社会問題化して久しい。
社会保障への期待年々薄くなる昨今、
益々深刻になっていくだろう。
明るくセクシーな解決法を
模索せねばならない。

「そろそろ死んであげなきゃ」
84歳の明石さんは言った。
友人の夫に向けての発言だ。
明石さんの友人は夫の介護に
疲れはてている。

明石さんは言った。
「安楽死ってできないの?うちの
お父さんは安楽死してもらったのよ。
全部外してもらったら翌日コロっと」


こうしてバレていくのだろう。
一層安楽死させにくくなる。

明石さんは続けた。
「あたしは安楽死させてほしいわ。
スイスなら安楽死できるんでしょ?」
「日本には自殺という手があります」
「自殺はみっともないでしょ。
やっぱりスイスで安楽死よ。
スイス行くおカネはあるのよ」

「安楽死目的でスイス行くなら
自殺と同じじゃないの?」

風邪患者との会話とは思えない。

「最期は任せてるんだからね!」
「ええ感じにしたげます」

いつもどおりに診療終了。

死に方、終い方、仕舞い方…

「人生会議」
吉本芸人が出た広告が話題になった。
厚労省発というところが胡散臭い。
社会保障費削減が大義になっている
可能性はないか?


現行の法律では医師がいなければ
人は死ぬことができない。
医師が明るくセクシーな解決法を
模索するしかない。