マスクした方がいいんだろうけど・・・


「みんなマスクでしょ?聞こえないのよね」
井田さん(72歳女性)は難聴だ。

井田さんの難聴は「感音性難聴」
と言って、治療が難しいタイプだ。
新型コロナウイルスの弊害は
こんな形でも現れている。

その上、花粉症のマスクだ。

自分は診療中にマスクをつけない。

理由は3つある。
耳が悪い患者さんが多いこと。
マスクは発声にも聴き取りにも邪魔だ。

2つ目は、顔を覚えてほしいから。
「先生の顔が浮かんだのよ」
生活習慣改善に少しは役立つようだ。
「あの先生だったらどうする?」
自分にも、いまだに頭に浮かぶ
研修医時代の指導医がいる。

現段階では、マスクの感染予防効果は薄い
というデータを支持している。
それが3つ目の理由だ。
もちろん感染源になるのはまずいので
自分に症状があるときはマスクする。

将来、邪魔にならずに、有効なマスクが
出てくれば態度を変えるかもしれない。
今は、しないメリットが上回っている。
賛否両論あるのは承知の上だ。

マスクをする習慣のある人は、せめて
大きな声ではっきり喋ってあげてほしい。

しっかり息を吐けば、感染予防にもなる
かもしれない。
エエ声になり、歌が上手くなるかも。

そうなれば、「怪我の功名」だ。
いや、「棚からぼたもち」か・・・