プロも素人


中島さんは魚河岸で16歳から
50年間働いていた。
裏も表も知り尽くしているので
話を聴くのがいつも楽しみだ。
血の気の多い話が多いが。

最近食欲がないという中島さん。

「何を食っても旨くないんですよ」
「寿司は?目が効くからアカンか」
「見たら食えないんですよ」


要するに、魚を見ただけで
「質」がわかりすぎる。
見ただけで、魚は食えなくなる。
鯵しか食えないそうだ。

「目が効くのもよし悪しですね」
「いい加減なもんなんすよ」
「というと?」


詳しく説明してくれた。
みな「目」は持っているそうだ。
見た目で選ぶのは百発百中らしい。
しかし、食べて「本マグロだ」と
違いがわかるプロは5人に一人らしい。


「?」

では、一体「目」は何なのだろうか?
自分では「正しい」を知っているが、
その「正しさ」を役立てられない。

なるほど!

「医者の不養生」と同じだ!

ちょっと違うかもしれない。

大麻で逮捕される警官か?

もっと離れたかな・・・