コロナホテルで思う


医者が好きだから。
医者をやっている理由を問われたら、
それ以外にしっくりくる答えがない。

昨日はコロナホテルに勤務だった。
有志の仕事だ。

先輩たちの日記が残っている。
みな克明に書き綴ってくれている。

医者って観察力スゴイ!

改めて感心した。
そしてみな好きでやってるな!
誇らしく思った。

この人たちは、無給でも場所を探して
医者をやっているだろう。
金持ちになれないかもしれないが
食えないことはないだろう。

みな確信しているはずだ。

文化芸術分野で国に補償を
求める動きを見る。

もちろん気持ちはよくわかる。
だけどよく考えてほしい。

ホンマに好きでやっているのか?
表現したくてどうしようもない
「何か」を持っているのか?


どんな状況でも、それを求める
観客がいれば食えるはず。
その観客はいるのか?

自分に問い合わせてみた。
好きなモノ。
本、音楽、映画、ライブ・・・

自分にとって映画もライブも
辛抱できるようだ。
音楽も何らかの形で演奏できれば
聴けなくても我慢できそうだ。

聴きたくてどうしようもない
ライブも映画もないということだ。
(あくまで自分にとってはの話)

でも活字がなかったら気が狂う。
コロナ禍で自分の欲が明確に
なったのは収穫かもしれない。

2歳になった息子のわがままがスゴイ。
欲求への忠実さが半端ない。
いつまで王子として扱われるか?

「欲求は叶う」という成功体験を持った
まま大人になるのも悪くないかも?

できる限り叶えてやるか?
と思うこともある。

話は変わる。
家族と2か月離れて暮らした。
不謹慎だが、わりと快適だった。
投獄されても本が与えられれば
何とかなりそうだ。