イケメンもつらいんじゃ~

 


早い話が
イケメンは色々得する
ということだ。

往診患者の小津さん(75歳男性)。
過体重で臥床時間が長くなっている。

のんきな性格のせいかガッツがない。

周囲の励ましも「暖簾に腕押し」。

壁に貼ってある写真が目に入った。
赤ちゃんの写真だ。

「孫?」と訊くと、ニコリと頷く。

すかさず妻が
「ハンサムなんですよ」
「旦那さんと同じやね」
「そうなのよ」

あっさり認める図太さ。

妻はさらに続けた。
「心配なのよねえ…」
「何が?」
「変な女に引掛って苦労しないか」
「ああ、それは大丈夫、大丈夫。

だって僕全然苦労してないもん」

妻は一瞬の間をおき、大笑い。
小津さんと師長も笑っている。

変な疎外感を感じつつ続けた。

「ハンサムは長生きするからね。

”美男長命”ですから」

診療上の経験が根拠だ。
健康長寿の男性にはイケメンが多い。

未亡人になっても意外にしぶとい。

周囲にかまってもらえるからか?
幼少時から優遇されてきた。
成功体験が余裕を生む。

往々にして甘えるのが上手い。

デメリット?

ガッツがない人が多い!

あれ?
ガッツあるって言われるんですけど…
気のせい?