お年寄りは運転してはいけないのか?

結論から言えば
高齢者にも運転させてあげたい。

昨日は明鏡塾開催日だった。
飲み会に参加させていただいた。

池袋の交通事故の話になった。
母子の命が失われた凄惨な事故。
運転手は87歳。
高齢者の運転をどうするか?
という話になった…
当院の患者さんも交通事故に遭った。
幸い、腕の骨折で済んだ。
相手は個人タクシー。
運転手の年齢はなんと88歳だった…
「気持ちのぶつけようがない」
被害者の患者さんはそう言っていた。
その年齢まで運転手ができるのか?
運転していていいのか?
そういう話の方向性になっていく。

高齢者に運転させていいのか?

悲惨な事故が起こる。
反射的にある種の感情が発生する。

一度冷静になろう。
少し古いデータではあるが、
以下のサイトが非常に参考になる。
https://news.yahoo.co.jp/byline/mamoruichikawa/20161120-00064606/

高齢者の事故が増えているわけではない!

もちろん被害者の家族の気持ちを
考えたらやるせない。
議論を重ねることは必要だ。

運転しないと生活できない地域もある。
自尊心の問題もある。
免許を没収されることはショックだ。

人間は「やめる」理由は簡単に考える。
「やる」と決めると工夫する。
インフラの整備。
自動運転の発達。
技能チェックの頻度を増やすのもいい。

何より高齢者だけの責任か?
この国土面積と自動車の台数。
絶対に毎年3000人以上が亡くなる。
データはシビアだ。
今年も交通事故死2500人には減らない。
ほぼすべてが意図していない死だ。
過失とは言え、殺人事件に近い死だ。
その世界にエントリーしているのだ。
便利だから、という理由だけで。
全員に責任がある。

自動車会社の責任は?
「うちのメーカーの車で事故を
起こさせたことを謝罪します」
聞いたことがない。

運転可能かどうかの認知機能等の
評価を下す医師の責任も重い。
現段階では「運転させない」方向の
結論ありきの立場は取るつもりはない。

飲み会は盛り上がり、お開きの時間に。
「あれ、メガネがない?」
トイレに探しに行き、店員に訊き、
仲間もテーブルの下や、外まで探しに。

見つかった!
鞄のポケットに入っていた。
仲間も苦笑いするしかなかった。

高齢者でなくても、医者でも、
この程度の認知機能だ。
データに基づく冷静な議論を望む。