「ほめる」の功罪

他者から「ほめられたい」という認知欲求はよほどのひねくれ者でないかぎり持っている。
しかし「ほめられたい」という欲求が誤った方向に向かうことがある。
「カンニング」も「研究データ改ざん」もある種「ほめられたい」欲求が産み出した不正ともいえる。
「投資」に見合わない「報酬」を求めるのは卑怯でしかない。

コーチングでは「ほめる」ことにより、「自己効力感」を持たせることが原則だ。
しかし「人をみて法を説け」ともいう。
患者さんに対しても同様で、常に「ほめる」ことによって、患者さんの健康を害することにつながっては当然本末転倒である。
「段階」、「状況」、「理解力」に応じた「ほめる」の実現を心がけているつもりだ。

スタンフォード大学の心理学教授キャロル・S・ドゥエック氏が行ったおもしろい調査結果である。
思春期初期の子どもたち数百人を対象に、知能検査のかなり難しい問題を10問やらせた。

ほとんどの生徒がまずまずの成績。終わった後で、褒め言葉をかけた。
褒めるにあたっては生徒を二つのグループに分け、一方のグループではその子の「能力」を褒めた。
「まあ、8問正解よ。良く出来たわ。頭がいいのね。」といった具合。
もう一方のグループでは、その子の努力を褒めた。「まあ、8問正解よ。良く出来たわ。頑張ったのね。」といった具合である。
グループ分けをした時点では、両グループの成績はまったく等しかった。
そして、子供達に、新しい問題を見せて、新しい問題に挑戦するか、同じ問題をもう一度解くのか、どちらかを選ばせるという実験を行った。
すると二つのグループの間で、明確に差が現れた。
まず、頭の良さを褒めたグループは、新しい問題を避け、同じ問題を解こうとする傾向が強くなった。
ボロを出して自分の能力を疑われるかもしれないことは、一切やりたがらなくなった。
一方、努力を褒められた生徒達は、その9割が、新しい問題にチャレンジする方を選び、学べるチャンスを逃さなかった。

努力した過程を褒めると、子供は「努力すること」に喜びを感じるようになる
「能力」をほめられた子供は、自分に「能力」がなかったということを証明することを避ける
ということだ。

「ほめ方」が人の心の「チャレンジ精神」を阻害する可能性があるということだ。

人をほめるときは「過程」をほめるようにするのが「効く」ということだ。
自分自身に対しては?
常に「挑戦する自分」を「誇らしい」と思うクセをつけることだ。

日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!