親の呪縛


「小さい頃は身体が弱かった」
82歳の女性患者さんは中華料理屋に嫁ぎ、子供三人をおんぶしながら夜通し働いたそうだ。
旦那は料理の腕前は近所でも評判だったが、酒飲みの博打うちで苦労させられたそうだ。
82歳でほぼ病気知らず。三人の子供も立派に育て上げた。
今は孫の面倒をみながら、先逝った旦那の墓参りにも毎週行っている。
「丈夫以外の何物でもないと思うのですが、いつまで弱かったの?」
と訊くと、
「結婚してから強くなった」そうだ。
ちなみにこの患者さんによると自分の息子も「弱かった」らしい。

46歳の女性患者さんはひどい貧血症状で受診してきた。
食事指導をしっかり行い、再診を促した。
後日、患者さんの母親が受診したので、「どうですか?」と娘の様子を訊いた。
「絶対太りたくない。と言ってダイエットを止めないんですよ」
と困りながらの返答。
全然太ってない。むしろ痩せている。
そこまで執念深いダイエットをする理由は何だろう?
昔いじめられた、とか何かのトラウマがあるかもしれない。
母親に「心当たりないですか?」と訊いてみた。
すると、その母親はハッと思い出したように言った。
「死んだ夫は、私にも娘にも絶対に女は太っちゃいけない、ってずっと言っていた」
すっかり皆が忘れていた旦那の口ぐせだった。
父親の言葉による「呪縛」かもしれない。確かに母親も太っていない。

子供が自ら「身体が弱い」とか「太っている」と判断することはない。
「弱さ」も「太さ」も比較対象ありき、だから。
はじめに親が指摘し、ある種の「呪い」をかけてしまう可能性は非常に高い。

中華料理屋さんの女性の場合、「逃げ出せない状況」が「身体の弱さ」を克服させたのだろう。
しかし、息子にも同じような「呪い」をかけてしまったかもしれない。
子供にとっても「身体の弱い子」として扱われるのはそれほど不快ではない。
むしろ優しくしてもらえる状況に「無意識」で甘える可能性もある。
いわゆる「かまってちゃん」が生まれる機序だ。

「女は太ってはいけない」という「信念」を変えるのは容易ではない。
健康な「見た目」の達成を落としどころにしようかと目論んでいる。
自分の「信念のようなもの」の大部分は親の影響を受けている可能性が高い。

日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

(日本メディカルコーチング研究所: 各SNSサイト一覧)
Twitter: https://twitter.com/FumiueHarada
facebook: https://www.facebook.com/imcjapanorg/
Instagram: https://www.instagram.com/fumiue.harada/
Tumblr: https://www.imcjapan.tumblr.com
Google+: https://plus.google.com/u/1/116079621458834311932