名医とは?

「自分は先生に恵まれている」
この言葉を繰り返す鈴木さん(仮名、79歳、女性)という患者さんがいる。
東大で乳がんの手術を二度行っている。最初の手術をしてくれた先生が非常に良い担当医だったらしい。
その担当医にとって「人生初」の執刀医としての乳がん手術だったそうだ。
術後の創部を見ると決して美しいとは言えない(実際、絶対に口に出せない!)が、ご本人は満足しておられる。

数年後再発し、抗がん剤治療を勧められたが、手術をしてもらった先生に診てもらいたいと希望し、再び東大へ。
担当医を務めてくれた先生は何と教授になっていたそうだ。
お互いに再会を喜んだ。鈴木さんの希望が叶い、放射線療法とホルモン療法のみで再発乳がんも完治した。
教授になった元担当医は鈴木さんの術後創を見て、
「こんなに汚い手術をしてたんだ」と涙したそうだ。
教授になるまで紆余曲折あっただろう。自分のかつての手術を客観的に「汚い手術」というのは外科医として辛いことだと思う。
しかし、このエピソードに人間性が出ているように思う。

来月、鈴木さんは別の病院で眼科の手術を受けることになっている。
「その先生にも絶対に、私は先生に恵まれている、と言ってあげて下さいね。」と伝えた。

医師は患者に成長させてもらうのだ。
患者さんが治ってくれなければ、絶対に「名医」にはなれない。

 

よろず相談所 ONE LOVE
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植



★この本が、あなたを変える!



野菜はカラダに良いのか?

昨今『長生きしたけりゃ肉を食え』のように、肉食と健康をうたった書籍をしばしば見かける。
テレビでも特集されたりして、患者さんから質問されることも多い。

答えは「知らん」。

一昔前では考えられなかった傾向だ。
健康長寿のお年寄りに肉食の人が多いというのが根拠である。
しかし、これは眉唾物だ。
健康だから、丈夫な歯で噛み切れるのかもしれない。
はたまたメディアによる肉食流行のキャンペーンかもしれない。
実際、最近「肉」を扱う店が増えている気がするのは自分だけだろうか?

基本的に、現代社会では何食ってもいい、ただし、いらんときに食うな、という立場で指導している。
逆に言えば、「野菜は身体に良い」という説もそれほど信じていない。
インドはベジタリアンだらけだが、糖尿病がすごい勢いで増えている。
日本も昔はほぼベジタリアンだったが、肉食が増えて、確実に寿命が延びている。

患者さんにお話しを聴くと、「野菜は調理が難しい」という意見が多い。
特に独り暮らしのご老人にとって、塩分を控えつつ野菜を調理するのは至難の業だ。
サラダなどの生野菜を食する文化がなかった世代だからかもしれない。

ふと思った。野菜が身体に良いのではなく、手間ひまかけるから身体に良いのではないか、と。
料理にかけるひと手間が健康を作っているのかもしれない。
「工夫」という創造性と、その上で達成される「健康な自分」を想像することの効能は間違いなくあるだろう。
少なくとも素材をしっかり認識し、調理過程に関与することが健康に悪いはずがない。

 

よろず相談所 ONE LOVE
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

★東京・蔵前(台東区)の原田医師/医学博士による、
医療/健康相談「よろず相談所 One Love(ワンラブ)」
のご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する