鉄の女?

クリーニング店で働く岩瀬さん。
50年以上同じ店で働いている。
77歳という年齢。現在はパート扱いだ。
オーナーから全幅の信頼を置かれている。
特筆すべきはそのアイロン技術だ!

今、岩瀬さんは岐路に立たされている。
若い同僚がイヤな人らしい。
心労が顔に出ていた。
少しやつれていた。
オーナー夫婦も一緒に働いている。
若い同僚の態度には手を焼いている。
しかし、みな強く注意できないそうだ。

そういう職場は少なくない。
「もう辞めようかなと思っているんです」
岩瀬さんは言った。
その方が良いのではないか、そう思った。
岩瀬さんは十分働いた。
「岩瀬さんが産まれたとき、ご両親は
こんなに長く働いて納税し続けるとは
絶対に思ってなかったでしょう。
そろそろエエんとちゃいますか?」

社会に機能を提供し、対価を得る。
職業の定義を真っ当に実践してきた。
好きだから続けられた。
こういう人は燃え尽き症候群にならない。
次にまた好きなことを見つけられる。
幸い、同居の娘はナースでしっかり者。
困らない程度の蓄えもある。

暗い顔で入室してきた岩瀬さん。
「ここに来ると元気になる」
満面の笑顔で退室して行った。
ちょっと背中を押しただけだ。
それを求めている人ばかりだ。
医者の「大丈夫」は効果テキメンなのだ!

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

書かずにはいられない

「何で毎日歯を磨くの?」
大抵次の答えが返ってくる。
「虫歯にならないためですよ」

ホンマか?
確かに大昔そう習った。
でも後生大事にそれを守っているのか?
「磨かなかったら気持ち悪いからでしょ」
そう言うと納得される。

「歯磨きが趣味」という人に出会わない。
ほとんど皆、習慣でやっているだけだ。
その習慣の由来は?
「不快感の解消」に尽きる。
本来習慣とはそういうものだ。
イチローにとっての「素振り」もそう。
「努力」なんて意識は1ミリもないはず。
素振りせずにはいられない。

受け身の努力には「負」の感情がともなう。
(本当はしたくない)という感情。

したいことしかしてはいけない。
当たり前だ。
業務上どうしても避けられないことは?
つべこべ言わずにやれ!
義務だとか努力だとか言わずに。
「しなければいけない」「仕方がない」
そんな内省的言語を介さずにやれ!

やらないと気持ち悪い。
やらない気持ち悪さに勝るからやる。
決して言語化せずに。

ブログを二日間休んだ。
不快感でどうしようもない。
毎日書きたくなった。
これでいいのだ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

今でしょ

「もっと早く来ればよかった」

そう嘆く患者さんは多い。
田上さんは80歳の女性。
一か月間全身湿疹と痒みに苦しんだ。
自力で治そうと色々試した。
悪くなっていくのでようやく受診した。
塗り薬で2~3日で治った。
で、冒頭の言葉を発した。

本当にもっと早く来ればよかったのか?
わからない。
自然治癒する時期だったのかもしれない。
クスリが効いたかどうか?
真の判定はとてつもなく困難だ。
複数の原因で治ったとしか言えない。

受診したタイミングこそ好機なのだ。
人生時間は有限だ。
すべての行動には序列がある。
他の事情を優先しただけの話だ。

もっと早く受診して素早く治癒したら?
医療への感謝は確実に薄れる。
治癒したことも記憶に残らない。
「転ばぬ先の杖」をやる医者は感謝されない。
本来理想なのだが…

自力で治るのではないか?
いや、早く医者に行くべきか?
それは間違いなく意味ある葛藤だ。

医師のよく使う言葉
「もっと早く受診したらよかったのに」

意地でも使わないと決めている。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!