どうらく爺ちゃん

末期の前立腺癌と間質性肺炎。
「これ以上は治療できません」
前川さん(84歳)はさじを投げられた。

酸素を引きづりながら外来へやって来た。
「歳ですからね」
そう言う前川さんに悲壮感はなかった。

以後、大体週一でうちに通院している。

前川さんは来月89歳になる。
なぜか酸素も外している。
病状は全く悪化していない。
いや、むしろ元気になっている。
肺炎などを起こしても必ず改善する。
不死鳥のごとく!

前川さんは毎週土曜日デートをする。
70代の未亡人と。
寿司を食べた後、カラオケスナックへ。
カラオケスナックの店長もうちの患者だ。
詳細を逐一教えてくれる。
(至る所にスパイ活動員が潜伏している)

未亡人は一人で大酒を飲み歌うそうだ。
前川さんが眠くなって帰った後も…

「けっこう遣うでしょ?」
前川さんに訊いてみた。
「月に7~8万ですかね」
それ位はかかるだろう。
日曜日はこれまたルーチン、場外馬券場。

若い頃は一升酒に競馬。
ビリヤードもプロ級の腕前だそうだ。
自社ビルには本格的カラオケ設備もある。
石原裕次郎が十八番(おはこ)だ。

「女遊び」だけはしなかったそうだ。
超愛妻家だったらしい。
妻に先立たれたときは大変だったそうだ。
後を追うのでは、と周囲も心配した。

今でも、奥さんのことを話すとき、
前川さんの瞳は少年のようだ。

「奥さん怒ってるんじゃないですか?」
前川さんを少しからかってみた。
「そんなんじゃないですよ」
と前川さんは照れながら弁解する。
「むこうが私を利用しているだけですよ」

イイと思う。
いっぱい働いて稼いできたんだから。
残りの人生好きなことだけやればいい。

前川会長はまだまだ死にそうにない。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!





ホメるの得意ですか?

先生は夏の風のようにさわやかですね

診療後、患者さんに言われたセリフだ。
医師としての技量には触れられず。
夏の風のさわやかさ?
実感としては薄い。
まあ、一応ホメられたのだろう。

「ホメる」というのは意外と奥が深い。
やり過ぎたら嫌味になる。
「ホメ殺し」という言葉もある。
意図的に相手をケナしているのだけれど。

髪型を変えた人に対し、多用したホメ。
「雰囲気が増しましたねえ!」
何もホメていないのだが、相手は満足げだ。
ストレートにホメても、
「失敗だったのよ」とか「切りすぎた」
とか素直に喜んでくれないことが多い。
そこで開発した苦肉の策。
「雰囲気が増しましたねえ」だ。
身近な人に使って効果を実感してほしい。

医師のホメは「大丈夫」同様、結構効く。
以前のブログでも書いた。
少し位ホメてくれたったいいじゃないか!
いい大人(高齢者)が発する言葉か?

子供の頃の「先生ー生徒」関係を
思い出しているのかもしれない。
実際、検査結果を渡すとき
「通信簿もらう気分だ」
という人は結構いる。

ホメではないかも知れないが、
すごく喜ばれたセリフを最後に1つ。
夏の暑い日、汗だくで往診先に着いた。
冷たい飲み物を出してくれた。
一気飲みした後の一言。

「よみがえりました」

毎回冷たいモノが出るようになったのは
言うまでもない。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!



無理すればいい

85歳の松山さんは内職をしている。
ミシンで小物を作る内職だ。
趣味だから作業を楽しんでいる。
作品もよく持ってきてくれる。

「無理しないようにします。
息子にもそう言われているので」

と言ってきたので
「もっと無理していいですよ」
と答えておいた。

「え?無理していいんですか?」
「ええ、めっちゃ無理していいですよ」
と畳みかけておいた。

どうせリミッターがかかる。
人間そんなに火事場は経験しない。
ヘトヘトになればいいのだ。
その方が不眠症の松山さんもよく眠れる。

一回こっきりの人生。
みんなもっと無理しましょう。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!