令和の医者坊主

「運動してはいけません」

千田さん(45歳男性)はある医師に
2年前そう忠告された。

レントゲンで異常があったそうだ。

その忠告をマジメに2年間守っていた…

今回当院で検診を受けた。
コレステロールが上がっていた。
千田さんは自己流で頑張った。

3ヶ月後、見事に数値は改善していた。

「すごい!どんな工夫したの?」
「運動しました」
「効果テキメンやね」
「もともと運動は好きなんです」
「ほう」

「医者に言われて止めてたんです」

胸部写真は現在全く問題なし。

運動制限の必要はあったのか?

とにかく千田さんは前医に対して
不信感を抱き、当院へ来た。
「運動の成果ですかね?」

千田さんは訊いてきた。

「運動を禁じた前医のお陰でしょ!」
そう答えた。

千田さんはずっと運動が好きだった。

医師に止められるまでは続けていた。

止めている期間があったからこそ、

運動の効能がわかったわけだ。

習慣を止めることで気づくことができた。
どんな過去も肯定しといた方がいい。
今が良いなら過去はすべて肯定だ。

すべては必要な経験だったのだ。

我ながらお坊さんのような説法だ。
ちなみに千田さんはお寺の住職である。

オ・ト・ナ♡

早い話が
少年のような大人という言葉は
本当の大人に使う表現だ
ということだ。

『12ヶ月の未来図』という映画を観た。

フランスの小学校の学級崩壊に驚いた。

ドイツでも状況は変わらないようだ。
ドイツでベストセラーになっている
『Deutschland verdummt』

からの引用だ。

子供の精神発達が遅れているそうだ。

ドイツでは、1990年代の中頃から
大人が子供たちを自分たちと

同一視し、「小さな大人」にした。

それが原因だと著者は考察する。

大人が幼稚化している。

先進国に共通する現象なのか?

子供は大人をどう見ているか?
煙草を止めさせられる。
子供と同じファッションを喜ぶ。

本も新聞も読まずにスマホに夢中。

「少年のような」と「幼稚」は

まるっきり別モノだ!

子供の目に年齢と乗車賃以外に

線引きは存在するのか?

「大人」を自覚し、行動する…

書いていて面倒くさくなってきた。
やっぱり、大人は煙草を吸うべきだ!

自殺という喧嘩

早い話が
喧嘩の仕方は下町に学べ
ということだ。

盆踊りの日、喧嘩が始まった。
片方は自分の患者さんだ。
喧嘩っ早いことで有名な人だ。

最初は冗談かと思った。
しかし、押し合いになった。

大事になるかもしれない!

そう察知し、止めに入った。
自分の他にも数人止めに入った。

自分以外、なぜか全員笑っている。
見物している人も笑っている。

何とか当事者二人を引き離した。
発熱したまま当事者たちは退散した。

すぐに、みなの笑顔が消えた。
止めに入った人も観衆も…

「何で喧嘩してたの?」
みな喧嘩の理由さえ知らない。

そうか!
喧嘩が始まったら笑うのだ!

なるほど「知恵」だ。
笑いで喧嘩を大きくするのを防ぐ。
「笑って誤魔化す」の応用例だ。
要は「煽るな」「焚きつけるな」だ。

隣国との関係が穏やかではない。
せっせと感情をぶつけ合っている。

どちらにも言い分はあるのだろう。
こんなときこそ「知恵」の出番だ。

どっちが正しいか間違いか?
勝ち負けは?
どうでもいいではないか。

笑える動物は人間だけだ。
笑いこそが最強の武器だ!

明日は9月1日。
子供の自殺が最も多くなる日だ。

子供に目を向けるべきだ。
よそ様の子供にも注意を向けよう。
緊張を解いてあげよう。

「死んだらアカンで」
その一言で一線を越えない。
何度も経験している。

今年の9月1日は日曜日だ。
翌9月2日まで注意が必要だ。

まずは自国の子供たちを守ろう!