やってもうたあ

「もういつ死んでもいい」
相変わらず外来でよく耳にする。

なら何で医者に来ているの?
その矛盾は解決されないまま。
人間とは理不尽な存在だ。

庄田さん(76歳女性)もその一人。
高血圧と軽い不眠症。

「色々やった方が良いですよ。
悔いを残さないように」
「もう十分やりました」
取り付く島がない…

そんなことないでしょ。
読んでない本もあるでしょ?
行ってないところは?
会いたい人もいるのでは?

いちいち首を振る。

イライラしてきて言った。

「教えたら?それだけ経験が
あるのなら、教えましょうよ。
先人の仕事ですよ!」

庄田さんはこっちを見つめた。
意味ありげな眼差しだ。

「庄田さん何の仕事してたの?」
「まあいいじゃないですか」
「気になるなあ。夜のお仕事?」
最もなさそうな想像を伝えた。

「違う。教師をしてたの」
「えっ?どこの誰を?」
「高校男子の国語の教師」

人は見かけによらない。
およそ50年前から定年前まで
男子高生を教えていたのだ。
しかも、国語を。
(にしては会話が噛み合わないが…)

時代も今とは異なる。
女だてら、多感な男子高生を教える
のは大変だっただろう。
実際、女性教師はまれだったそうだ。

男子校出身だからよくわかる。
自分らの担任たちとまさに同世代だ。
担任が国語の先生だったいう話で
盛り上がった。

庄司さんへの見る目が変わったのは
言うまでもない。

患者さんはほとんどが人生の先輩。
当然、意外な経歴の持ち主もいる。

釈迦に説法。
よくやってしまう。
気をつけよう。

必読!糖尿病の治り方

神経質な伊達さんは80歳の女性。
糖尿の数値が少しでも上がると
ため息の嵐となる。

主治医が
「これくらい全然大丈夫。優秀よ」
そう言っても渋い顔をしている。

糖尿の数値とにらめっこすること
だけが人生ではない。

シャンソンが好きな伊達さんだ。

「最近歌ってます?」
「歌ってないのよ。外出てないの」
「ダメダメ。歌わなきゃ!
人間も鳥なんだから!」
「人間って鳥なの?たしかに
ピーチクパーチク言ってるけど…」
「ピーチク言うのはダメですよ。
自分の言葉ではダメ。歌は
他人の詞(ことば)だからイイの!」

自分とはこれまでに
採用してきた言葉なのだ。
自分の言葉でピーチク言ってたら

病も治らないし、マジメも治らない。

たまには他人の言葉を話すべきだ。
シャンソンはむいているのか?
明るい前向きな歌詞の方がベターだ。

「運動は?してる?」
「プールも最近サボってるのよ」
「アカンアカン。人間も魚なんだから!」
「人間って魚なの?」
「そらそうよ。お腹の中にいるときは
水かきもあったんだから!」

われながら何でも言うよなあ…
伊達さんは笑顔で帰ってくれた。
ストレスは糖尿の大敵だ。
よし、としよう。

お薬の正しい飲み方教えます

頑なに薬を飲みたがらない人がいる。
「一生飲み続けないといけない」
「化学物質は身体によくない」
こういう信念を持っている人たちだ。

”服薬拒否文化コミュニティ”の住人だ。

現代文化を享受して生活するなら、
少し薬飲んでバランスするのでは?

あくまで個人的見解だが…

人間は文化の影響から逃れられない。

マラソンが”心地よい痛み”になるのも、
文化的教育の賜物である。
マラソンが身体に悪いと信じる人とは
正反対の効果が発生するだろう。

これはプラシーボ効果の説明でもある。

薬効の確認されている薬でも、効くと
信じて飲む方が、より効くそうだ。

効くと信じる気持ちには、
文化が少なからず関係している。
他者からの情報や、フィードバックなど…

もしかすると、科学も文化的信念の
効能を享受しているかもしれない。
とりわけ人間が対象になる医学は、
強く影響を受けそうだ。

文化的信念の効能がなければ、
ヒトの寿命は、ずっと短いかもしれない。

逆に、文化的信念がヒトの寿命を
縮めることもあるはずだ。

「それ身体によくないよ」
という助言が身体によくないのだ。
皮肉にも…

自分の信念で薬を飲まないのは勝手だ。
但し、文化的影響にまみれている
ということは自覚しておいた方がいい。

他人には軽々しく助言しない方が無難だ。

医療従事者は文化的影響の強さも
計算に入れておくべきだ。