忘っぽいのは素敵なことです

「物覚えが悪くなった」「とにかくよく忘れる」
患者さんの訴えの中でも高頻度の悩みです。

実は悩む必要はないのです。
「忘却」とは人間にとって、最も重要な能力の一つです。
イヤなこと、悲しいこと、ツライことが山ほどあります。忘れられなければ、生きていけませんよね?
提言します。
あえて、忘れてみましょう!
忘れる訓練をするのです。間違っても覚えようなんてしない。これで、「忘れる」というストレスからは解放されましたね。どうせ大切なことはイヤでも覚えています。
逆に忘れるつもりで接しても、それでも残るようなものだけが、「本当に重要で血の通った情報」なのです!
ちなみに「忘却」というのは思い出せないことをいうのであって、潜在意識にはきちんと保存されているのです。
たとえば、物忘れで悩む80歳の女性は、20年前に死別した伴侶の誕生日を覚えておられます。今日買うはずだった物のことを忘れてしまっても。
どちらが重要なのでしょうか?
無意識が重要性のランキングをしてくれているのです。
そして、忘れてはならないこと、それは「忘却」という能力こそが集中力の源だということです。なぜなら、フォーカスすべきでない情報を忘却してはじめて、フォーカスすべき対象に集中できるからです。(「集中力」と「忘却」の関係についての考察は、改めて機会を設けます。)

先日、里帰り出産をする妻と3歳の娘とお別れのシーンがありました。ずっと手を振り「お父ちゃ~ん」と叫ぶ我が子の声に不覚にも涙が出そうになってしまいました。
独り新幹線に乗り込み、座席で、しばし淋しさをかみしめた後、読書と仕事に専念没頭。翌日銭湯で小さな女の子の姿を見て、自分の娘のことを思い出し、愕然としました!
丸一日娘のことを忘れていたのです。
私は冷酷な人間なのでしょうか?
否!
これも間違いなく集中力がなす業なのです。


Amazon Kindle

原田文植



お風呂は首まで浸かると毒なんですか?

外来診療中に質問されました。色々とツッコミどころのある質問ですが、とりあえず「何でそんな質問を?」と訊ねました。質問された患者さんは「首まで浸かる派」だそうです。知人から「お風呂に首まで浸かるのは身体に毒だ。半身浴にしなさい」と助言(?)されたそうです。

(どっちでもええやんか)と心で思いながら、「首まで浸かった方が絶対良いですよ。私もそうしています。」お答えしました。

欧米では大抵バスタイムはシャワーで終わりです。伝統的に日本の温泉などでは、残っている絵などから推測するに首まで浸かっていることが多いようです 特に露天で半身浴は危険ですらあります。個人的意見としては、浴槽に浸かることで浮力を利用して体を弛緩させることが、健康に役立つのではないかと思っています。ただ、私のように入浴中に読書をするタイプはのぼせてしまわないように半身浴がいいと思います。

ところで「半身浴」という言葉が使われるようになったのはいつからなのでしょうか?それほど古い歴史は感じられません。うがった見方をすれば、ビジネスが絡んでいるのはないかと思ってしまいます。日本の住居事情からして大きいお風呂は作りにくいし、自宅でもできる健康法として、効能があとづけされた可能性もあるのではないでしょうか。

いずれにしても世間は健康ブーム真っ盛り。メディアで「タイトル(ネーミング)」を与えられたら、関連商品は爆発的に売れます。一過性の流行で消えるものも数知れず。「半身浴」は生き延びている部類でしょう。自ら試し、相性の合う方法を見つけて健康生活に取り入れるのはとても結構なことだと思います。

ただし注意が必要です。自己責任で試すのは全く問題ありません。他人に助言する場合は気をつけて下さい。良いと思う情報を人に勧めたくなる気持ちは理解できます。メディアの情報は大きく有害なものは少ないと思われます。なので、単に「情報提供」するのはオーケーです。問題は、他人がやっている方法を否定することです。前述した「毒」という言葉ははっきり言って強すぎます。「毒」という言葉は後々効いてきます。無意識で自分の行動を(毒ではないか?)と判断する可能性があるのです。質問した患者さんの場合、毎日首まで浸かるたびに、深層意識で「毒」という言葉が害を及ぼす可能性があるということです。絶対に他人の健康法を根拠なく否定することはやめて下さい。自分に対しても気をつける必要があります。ネガティブな言葉を使って、何らかの行動を「定義」してしまうと、自分の行動を制約することになり、自分自身の首を締めてしまうことになります。自分の口元から出てくる言葉には厳重に注意する必要があります。

最後になりましたが、口元から発する言葉に注意して健康になれる本を出版しましたのでちゃっかり宣伝しておきます。『病は「口ぐせ」で治る!』(フォレスト出版)という本です。是非、ご一読下さい。


Amazon Kindle

原田文植

 


やっぱり口ぐせ

口ぐせ 新幹線

新幹線グリーン車内で、京都から乗ってきたカップルの会話です。

男性)「一番後ろ、一番後ろだよ」
女性)「ガーン、またかよ!」

残念ながらこのカップルはこれからも同じ会話を繰り返すでしょう。
なぜなら、やるべきことをやらずに起こった状況をあたかもアクシデントのように感じているからです。
一番後ろに座りたくないカップルのやるべき行動は極めてシンプルです。上りと下りの進行方向と席順の関係を把握する、もしくは、窓口で伝える。それだけ。
おそらくこの二人は色んな場面で 「またかよ!」 と発していることでしょう。

何が言いたいのか?
「病」に代表される「好ましくない状況」になったときに、やるべきことをせずに、つい妙な「口ぐせ」を発してしまっていませんか?
たとえば、「またかよ!」はとても重い言葉です。潜在意識に住みつきます(追々その機序は説明します)。
結果、「過ちを繰り返してしまう自分」を作りあげます。
これは「自己効力感(自己に対する信頼感や有能感のこと)」を著しく下げることにつながります。
前述のグリーン車内に乗ってきたカップルの場合、 「次はうまくやろう!」 これだけで良いのです。
無意識がうまくやる方法を探してくれます。
人間の脳はマジでそんなモンなのです。

 

原田文植

★この本が、あなたを変える!