虎視眈々

「大学病院信仰」というものが存在する。一種の「ブランド志向」である。
診療所は東京大学、日本医大、東京医科歯科大学、順天堂大学それぞれの附属病院から近い。
患者さんから病院名指定で紹介状をお願いされることは多い。

実は、大学病院は研究機関でもあるので、一般的な疾患を診てもらうのに、あまり向いていない。
逆に、特殊な疾患の中には大学病院で診てもらうしかないケースもある。
勘違いして、「手厚いサービス」と「高度な医療」を期待した患者さんが落胆して帰ってくることがある。
とびきりの「スタンダード」な治療をしてもらえる場所が大学病院だと認識すべきだ。

ところで、トラの目で見ることを「眈」というそうだ。
「何かを狙ってじっと機会をうかがっているさま」という意味である。
「ネコ科最強」と言われることも多いトラだ。トラの強さは「牙」にあると思われているかもしれないが、実は「脚力」と「爪」にある。
ちなみにシベリアトラの爪の長さは「柳刃包丁」にたとえられる。
トラとライオンもし闘わば?
まず居住地が違うので機会がない。しかし、「ライガー」という「かけあわせ」が生まれるのだから、人為的には可能なはずだ。
以前、動物園という人為的にアレンジした場所で、トラがライオンの居住区画に落ちるという事件が起こったそうだ。

どうなったか?

全く勝負にならなかった。トラの戦意喪失でライオンの不戦勝。
「単独行動」をする動物と「群れ」を作る動物では勝負にならないそうだ。トラにはライオンのバック(威光)が見えてしまったのである。
人間も同様である。特定の誰ではなく、所属組織にビビらされることは子供でも大人でも同じだ。
「あいつ『極真空手』習ってるらしい。気をつけた方がええで」も「あの先生『東大』出てるらしいよ。行ってみようか」も大差ない。
「ブランド信仰」は本能的なものかもしれない。

よろず相談所 ONE LOVE
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

 

コロンビア

昨日、日本がワールドカップ初戦でコロンビアに快勝した。
テレビがないので時間差で結果を知った。各地で歓喜の祝杯が舞っていたことだろう。

日本国内ではあまり知られていないことだが、コロンビアでは17日に大統領選挙決選投票が行われた。
ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC) との「和平見直し」を主張していた右派イバン・ドゥケ氏が初当選を決めたのだ。
2016年にコロンビアは FARC と和平合意を締結した。
FARC は約半世紀にわたり、市民虐殺など行い、約30万人の死者行方不明者を出した。
憎悪の連鎖を乗り越えて、和平合意できたとき、素直に感動したことをはっきり憶えている。

今回イバン・ドゥケ氏は、和平を納得できていない市民の心を掴み、勝利したということだ。
憎悪が断ち切れていない国民が潜在的に多かったのか、国民の感情が選挙に利用されたのかはわからない。
しかし、今回の大統領選挙が国民全体の感情を揺さぶる問題であったことは間違いない。
この大統領選の結果が今大会のワールドカップにどう作用したのかは知る由もない。

日本のほぼ裏側の国コロンビア。高校世界史でもほとんど出てこないコロンビア。
様々なブルースを乗り越えて、正々堂々と汗を流すスポーツはやはり素晴らしい。

日本メディカルコーチング研究所
よろず相談所 ONE LOVE
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!



予言者

自分の「口ぐせ」を知っていますか?
現在形で話す「口ぐせ」は「信念」の表明だ。
たとえば、「オレって天邪鬼だからね」とか「男は家庭を持って一人前だ」など。
「やっぱりね」とか「またダメだった」などはある意味「信念の肯定」である。
「口ぐせ」は「指さし確認」であり、何度も繰り返すことで、よりブレない「フォーカス」となる。
必ずフォーカスしたポイント周辺の情報が集まるようになっている。
それはオカルトでも何でもなく、「脳の仕組み」だ。
グルメには美味しい店の情報がいつのまにか集まっている。
妻が妊娠すると、世の中の妊婦が増える。
「無意識」が勝手に情報収集するのである。
探し物は必ず見つかる。逆に今、目に映っているものは全てこれまでに探してきたものである。
そんなことない?
それは「自分の頭」で探していなかったから。
「他人の頭」で探していた可能性が高い。
生来「言葉」の獲得は受身だ。成熟した大人は「意志」を持って、「言葉」を習得する必要がある。
「他人の頭」で作った「口ぐせ」は、いわば「奴隷の口ぐせ」だ。
「口ぐせ」は「指さし確認」であり、何度も繰り返すことで、よりブレない「フォーカス」となる。
当然「口ぐせ」の周辺の情報が集まることになる。良い口ぐせであっても、悪い口ぐせであっても。
そして、集まってきた情報が「自分の未来」を作ることになる。
自分の望まない未来を予言するのは即刻やめるべきだ。

日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

★この本が、あなたを変える!