世界は「言葉」でできている

「あっプーさんだ」
自販機に誰かがイタズラで貼ったシール。
娘はキャラクターをよく見つける。
遠くに干してある布団のキティちゃん。
「黒丸3つ」にしか見えないミッキー。
砂漠でコンタクトレンズを見つける如く。

好きなものの情報が集まる。
灯台がキャラだけを照らしているのだ。
そういう感覚なのだろう。
実はそれだけではない。

キャラ以外が意識に上がっていないのだ。
「存在しない」も同然なのだ。
言語化されているものが圧倒的に少ない。
3歳の女の子の世界では。

世界は言語化されたものでできている。
優先順位の高いものから目に飛び込む。
「好き」を優先順位の上位にすべきだが、
大抵「イヤ」の方が上位になりやすい。
警告音を聞き逃しては命に関わるからだ。

病気を扱った番組は常に高視聴率だ。
中吊りにある目次はネガティブばかり。
みんな「イヤ」でできた世界の住人だ。
好きで「イヤ」を選ぶならそれも自由だ。
(何だかややこしい表現だ…)
自分で優先順位を再設定する。
「言葉」を変えるしかない。
自分で選んでいる自覚を常に持つ。
「~しないといけない」
「~するべきだ」
は一切使わない。
医師を選ぶ。病院へ通う。
自分の選択であり、すべて自己責任だ。
(ホントはやりたくなかったんだけど)
という言い訳を一切許さない生き方。

何だか金八先生の説教みたいになったな。

昨夜、年上の友人が亡くなった。
最期をお願いされてひと月ちょい。

思想と信念に忠実な人だった。
自分のことは「~したい」だが、
日本を語るときは「~すべき」だった…

最期まで好きなことをやり続けた人だ。
先週ライブを観に行くこともできた。

末期癌の彼はバーをオープンしたのだ!
明後日、そのバーに集まる予定だった。
彼の前で歌う予定だった。
「先生持って行けよ」
と彼がくれたギターで。
彼の大好きな”Presence of the Lord”を。

叶わなかった。

ありがとうね。ギター練習するよ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 





まだ肩こってんの?

堀本さんの肩こりはひどかった。

「性格が悪いからですよ」
当然「ひどい」と言われる。
そう言いつつ、80歳の女性の顔は緩む。

だってストレスでイライラするでしょ?
そう言うや否や、顔をしかめ出した。
「それそれ。顔に責任はないよ」

なぜイライラしたら顔をしかめるのか?
顔をしかめたってイライラは治らない。
顔面の筋肉をむやみに緊張させる。
当然、首やその他の部位も力む。

イヤなことを思い出し、また力む。
一日に一体何度身体を強直させるのか。
興奮を発生させるのは簡単だ。
自律神経の機能がそうなっているから。

闘争状態や逃走状態はすぐに作れる。
いつ動物に襲われるかわからない。
その時代の名残だ。
ちなみに「手に汗をかく」という現象。
これは逃走時のすべり止めの名残だ。

一旦興奮すると簡単には戻れない。
時間がかかる。これも解剖学的事実だ。

今はそんな時代か?
動物に襲われることも飢餓もほぼない。
手のすべり止めも必要ない。
身体はいつまで経っても「旧式」だ。

必要なのは「緩める」能力だ。
だから「癒し」や「瞑想」が売れるのだ。
いつの時代も商売人は目ざとい。

実はお金をかける必要はない。
笑えばいいだけだ。
笑えば緩む。笑えるのは多分人間だけだ。

だから
「性格が悪いからですよ」
が効くのだ。
堀本さんは上機嫌で診療室を出た。
もっとみんな笑えばいい。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 









エクスタシーワードとは?

「エクスタシーワード」
という言葉を最近知った。
どんな人も絶対に喜ばせる魔法の言葉。
さて何でしょう?
「自分の名前」だそうだ。
自分の名前を相手に呼んでもらう。
確かに自分の名前を認知されたら嬉しい。
「有名になりたい、売れたい」
その根源はこれからもしれない。

最近意識的に名前を呼ぶようにしている。
特に外来診療中、患者さんの名前を。
違和感が生じない程度に…

我ながら「素直」だと思う。

こういう地道な作業を努力と呼ばれる。
それはちょっと違う。
興味があり、好きでやっているだけだ。

自分を「頭が悪い」という人は多い。
特に思い出せないときや失敗したときに。
ことあるごとにそれを繰り返してしまう。
本当に頭が悪くなる。
これを「自己充足的予言」という。
以前のブログにも書いた。

人から頭が悪いと言われたことがない。
幸か不幸か。
物忘れをする。名前が出てこない。
そんなことはしょっちゅうある。
「そんなはずはない」となる。
「やっぱり」とはならない。

自分の頭が良いと確信している。
どんな手を使ってでも覚えようとする。

大勢の患者さんと接する仕事をしている。
一度っきりの患者さんと路上で会う。
にこやかに挨拶される。
やばい!相手の名前が出てこない!
そんな汗をかきたくないのだ。

自分は頭が良いはずだ。
「自己イメージ」をキープしたい。
すると情報が集まってくる。
頭が良くなる情報が。
上述の「エクスタシーワード」だ。

患者さんの名前を何度も呼び掛ける。
患者さんを喜ばせるために。
すると、名前を忘れなくなったのだ。
身体に名札が貼りつき出したのだ!

自己イメージを維持する口ぐせは重要だ。
「棚からぼたもち」情報も寄ってくる。
そこに「努力」はいらない。

ネタバレしてしまった…
名前を呼ぶのが難しくなりそうだ…

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!