噛みつくミッキーマウス?

洒落たテラス席で妻と蕎麦を食べていた。
突然、顔色が変わりフリーズする妻。

妻の視線の先をおそるおそる追う。
そこにはミッキーマウスのモデルがいた。
路上を素早く走っていた。
妻は現物を見るのは初めてだったそうだ。
それも衝撃の告白だったが。
久しぶりで、自分も免疫が落ちている。
気を取り直して、妻に助言した。
「ネズミの方が人間をビビっているよ。
人間の方がよっぽど残酷なんやから」
妻はこう言い返した。
「でも個体差はあるんじゃないかな。
人間でも組織内で暴れる人がいるでしょ」
ハッとある映画を思い出した。
『スカーフェイス』の主人公
アントニオ(トニー)・モンタナだ。
トニーはギャング組織で下克上しまくる。
アル・パチーノの快演が伝説的な作品だ。

確かにおるかも…

ネズミに中指を噛まれた患者さんが来た。
一週間と経たないうちに…
ウソのような本当の話だ。
妻は「せやろ!」と誇らしげだった。
犬や猫に噛まれる人は結構診ている。
ネズミは初めてかもしれない。
ネズミ捕りに下半身が引っ掛かっていた。
ネズミ捕りを動かしたときにガブリ!
上半身を捻り、噛みついたそうだ。
「死」がそこまで迫っているのだ。
そりゃあネズミも必死だろう。
まさに「窮鼠(きゅうそ)」だ。
人間のオッサンに噛みついたのだ!
ネズミ界のアル・パチーノだ!

ネズミにとって猫と人間どっちが怖いか?
多分人間の方が怖いはずだ。
しかし、人間は動物に勝てるのか?
動物は人間に殺処分にされることもある。
「捨て身」でかかってこられたら?
正直絶対に勝てるとは言えない気がする。
平和と安全が当たり前だと思っている。
ヤワになっていることは間違いない…

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 





水はたくさん飲んだ方がいいんでしょ?

水をいっぱい飲んだ方がいいんでしょ?

この質問はあいかわらず多い。
メディアの教育のたまものだろう。
医者なら皆知っているはずだ。
心臓や腎臓、肝臓の悪い人は注意が必要。
高齢者は複数の病を抱えている人も多い。
医療の助言は本来「個別」であるべきだ。
メディアが一律に流布するのは危険だ?

往診患者さんの近藤さんは98歳。
88歳の妹と二人暮らしだ。
この家には未だかつてクーラーがない。
「裏が墓場だから風通しが良いのよ」
意味が不明瞭な理由だけを聴かされる。
たしかに下町の家屋は概して風が通る。

この二人は今年の猛暑も乗り切った。
クーラーなしで。
もちろん設置するよう促した。
しかし、間に合わなかったのだ。
購入希望者が殺到したのだろう。
クーラーがあった方が良かったかどうか?
誰にもわからない。
空調には「好み」や「慣れ」がある。
二人とも、この夏無事に生き延びた。
それだけは確実に言える。

もし絶対に正しい助言があるとすれば?
避暑地へ行きましょう。
これだけではないだろうか?
ただし、避暑地は医療機関が充実している
とは限らない。
それだけは注意が必要だ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!

 





体調不良の原因は?

「ようやく涼しくなりましたね」
「おかげさまで!」

変な会話だ。たまにある。
型でしゃべってしまっているのだろう。
気をつけたいところだ。

ところで人間は「共感する動物」だ。
猛暑だと自宅で過ごす時間が増える。
自宅にこもっているとテレビを見る。
今年は猛暑と自然災害の夏だった。
テレビで被災地が何度もリピートされる。
すると共感する神経が発動する。
「身につまされる」というやつだ。
体調不良となる。
実際、少しタイムラグはあるが、原因が
はっきりしない不調の患者さんが増える。

鎌倉時代の紛争は水害と関係があった。
そんな仮説が発表された。
江戸時代にも同様のことがあったらしい。
年輪で当時の気候を推定する技術がある。
酸素の同位体を利用するのだが、専門的
なので詳細は割愛する。
歴史的事実と相関する気候が認められる。
水害があると収穫が減る。
地域紛争の激化につながる。
そういう因果が推測されているようだ。

現代の日本に飢餓は存在しない。
自然災害があっても翌日には大抵食える。
情報による二次災害は想定外だったはず。
現代ほどの大量の情報は人類初体験だ。
共感できる能力が自分の首を絞める。
「情報の洪水」にも避難訓練が必要だ。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!