ドリームキラーになってませんか?

イチローがメジャーに挑戦した2001年。
日本のメディアは辛辣だった。
プロ野球のOBも軒並み「絶対通用しない」
と言っていた。

職場でも、イチロー談義が活発だった。
当時はまだ下っ端の勤務医だった。

「イチローの打率はせいぜい2割8分」
野球通で有名な消化器内科部長の予測だ。
「首位打者になると思いますよ」
そんな予測をするのは自分ただ一人だった。
部長は「絶対にあり得ない」と言い張った。
そこで部長と「賭け」をすることになった。
「イチローが首位打者獲ったらボクを、
消化器内科の部長にして下さい」
恐れ多くも、無礼な条件を言い放った。
部長は笑いながら受けてくれた。
「オレが勝ったら?」
「先生が勝てば、院長にしてあげますよ」
と何の権限もないのに賭けを成立させた。

初年度、イチローは見事首位打者を獲った。
もちろん、部長の椅子は獲れなかったが…

何で素直に応援しないのだろうか?
チャレンジすることは素晴らしい。
常に言われてきたことだ。
なぜ悲観的予測をする必要があるのか?

上京してくるとき、周囲の多くから
「お前は東京にむいてへんで」とか
「すぐに帰ってくるわ」などと言われた。

「本を出したい」と周囲に言ったとき、
「無理やで、簡単ちゃうで」とか
「はいはい。夢は大きいね」などなど。

東京生活も15年目に入った。
結婚してビルも建てた。
著書も出すことができた。
まだまだ満足はしていない。
でも間違いなくエンジョイしている。

もちろん応援してくれる人もいる。
しかし、悲観的予測が圧倒的に多い。
しかも「よかれ」と思って助言をくれる。
決して悪意はない。
では、なぜ素直に応援できないのか?
無意識に変化を拒んでいるのだ。
「関係性」が変化するのがイヤなのだ。
自分の居心地が悪くなってしまうのだ。
「ドリームキラー」が誕生するカラクリ。

夢は語らない方が良いかもしれない。
しかし、語らないと応援してもらえない。
実に悩ましいところだ。

どんな批判にも負けない自分でいる。
それほどにやりたいことをやる。
それができれば問題はないのだが…
まずは他者への言葉を変える。
それならできる。

「大丈夫、君ならやれる」
「大丈夫、必ず良くなるよ」
その言葉だけで人間は遠くへ行ける。
信じられないほど。
その言葉をかけれるか不安?
大丈夫、アナタならできる!

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!





超絶な集中力と記憶力をつける方法

どうすれば「記憶」できるのだろうか?

何度も「思い出す」ことだ。
当たり前?
何度も「体験」することで記憶に残る。
そう勘違いしている人が多いのでは?

学生時代の勉強に当てはめる
記憶するための「体験」とは?
「覚えようとする作業」のことだ。

具体的には「読む」「書く」「聴く」だ。
それを繰り返す。
しかし、これで記憶がうまくいったか?
実は「思い出す」という作業をしないと
記憶は完全にならない。
優秀な学生には当たり前の作業だ。
模擬試験が必要な理由だ。
必死で思い出すという実践が必要なのだ。

趣味の世界や好きな人の情報が集まる。
まさに何度も思い出しているからだ。

何の話か?
何度も思い出していませんか?
ということだ。
何を何度も思い出しているのか?
大抵「イヤな体験」を思い出す。

昨日日野師と話していたのだが、
「うまくいったときにもっと喜べ」と。
日本人は概して喜び方が足りない。
奥ゆかしい文化ゆえかもしれない。
逆に悲しみ方は割と激しい。
というかそれを求められる。
「しっかり反省している姿」は大好物だ。
著名人の謝罪シーンは印象に残る。
新聞の一面にもなりやすい。

かくして暗いイメージが上塗りされる。
ようやく暗い記憶が強固になる。
受験勉強なら東大合格間違いなしだ。

病は通常「負」のイメージのはずだ。
メディアは無責任に情報を垂れ流す。
理性的に病気に対処できる人もいる。
感情的にならずに。前頭前野を使って。
でもそんな人は超レアだ。
それができない普通の人は?
他のことに集中することが重要だ。
どっぷり「病人」になってしまう前に。

普段から訓練が必要だ。
ささやかな成功をもっと大喜びするべきだ。
コーヒーが美味しいだけで。
奇麗な便所に出会っただけで。
お釣りのレシートがゾロ目なだけで。
昨日と違う経験は皆「ラッキー!」。

それがイヤな経験を忘却する訓練になる。
忘却が下手な人は集中力も乏しい。
集中力がなければ人生はうまく廻らない。
本屋には集中力を扱った本だらけだ。
それほど求めている人が多い証拠だ。

興味がすぐに移り、喜んでいる子供。
子供たちに学ぶことは実に多い。
日野師は「赤ん坊の見つめる目、アレや」
とも言っていた。
好奇心にブレーキをかけないこと。
病にならない、克服する上でも大切だ。
その積み重ねで目の前の景色が変わる。
ブルースさえも楽しめるようになる。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★よろず相談所 ONE LOVEのご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!





煙草はそんなに悪いのか?

患者さんに禁煙をうるさく言わない。
天邪鬼がムズムズ騒ぎ出すのだ。

タバコは吸わない方が大体良い。
ただ「百害あって一利なし」ではない。
最低「二利」はある。
・ゆっくり吐く効果
・若さを保てる効果

「一息入れる」という言葉がある。
「一服する」ともいう。
煙草を吸う文化から生まれた言葉だろう。
休息、リラックス効果があるのだ。
概して、現代人は「吸う」意識が強い。
肺は通常、外気圧より低い「陰圧」だ。
勝手に「吸う」ようにできているのだ。
だから、意識すべきは「吐く」方だ。
長くゆっくり吐くことで健康になれる。
自律神経に良い効果を与えるそうだ。
喫煙者は一日に何度も「吐く」。
薬効ではなく呼吸法としての効果だ。

次に「若さキープ」の問題だ。
喫煙を初めて行ったのはいつか?
愛煙家は大抵好奇心旺盛で少し不良だ。
大抵十代のときに初挑戦しているはずだ。
煙草を吸う度に十代の頃に戻れる。
つまりアロマ効果だ。
現象としては「パブロフの犬」なのだが…

煙草も大きく括れば、「合法な薬物」だ。
酒やカフェインとそれほど変わらない。
世の中は喫煙には本当に厳しい。

「副流煙」が他者に迷惑をかける。
それは少し心が狭い気がする。
では自動車はどうなの?
排ガスの問題もさることながら、
毎年4,000人近い事故死が出ている。
減少傾向とは言え、凄まじい数字だ。
ちなみに、政府目標は2000年までに
事故死2,500人以下だそうだ。

統計の怖さだ。
ランダムに2,500人死人が選ばれる前提だ。
自動車を廃止すべきでは?そんな声ある?
「便利」と「経済」が優先されるのだ。

うちに来る患者さんは大人だ。
医者に止めろと言われて止めるのか?
もちろん「止める」よう助言はする。
病との相関関係のデータも開示する。
だけど絶対に命令はしない。
自分の意志で選択してもらう。

これは同じようでかなり違う。
止めないといけないのか、止めたいのか?
似ているようで大きく違う。
止めさせられた人の心の中には
「本当なら止めたくなかった」がある。
この先ずっと続くストレスは侮れない。
次の病気を産み出すほどに。
こっちの方が厄介だ。
健康には良くないようだ。金もかかる。
世間の目も厳しい。
そんなこと全喫煙者が知っている。
知ってて「喫煙」を選んでいるのだ。
「断煙」も自ら「選択」すべきだ。

ところで蔵前協立診療所では
禁煙外来もやっています。
成功率は90%を超えています。
新しい人生を歩むのも悪くないですよ!

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植