下手なサッカー

「下手くそ!」

92歳の手島さん(仮名、93歳、女性)は大のスポーツ好きだ。
往診時、「イングランドVSクロアチア」の試合が再放送されていた。
その試合を観ながら、手島さんが発した言葉だ。

いつもニコニコ穏やかな手島さんは5年ほど前に「認知症」を発症し、往診している。
認知症の症状は確実に止まっている。
明るい性格だから、孫も自然に遊びに来たくなる。自宅はいつも賑やかだ。
そんな手島さんの発した言葉にびっくりした。

手島さんに限らず、90歳を超えて元気な方は、スポーツ好きが多い。
「若い頃運動神経がよかった」と答える方も多い。
「運動神経」に確信を持っている人は身体の使い方が上手だ。
「運動神経」の良い人は転倒したときに、重症化しにくいのでは?
という仮説を立てている。
「運動神経がよかった」という言葉も非常に良い「口ぐせ」だ。
また「達人の技術」を観ることは「脳」に良い影響を与えると確信している。
これは「ミラーニューロン(注)」の働きとも関係がありそうだ。

手島さんの「下手くそ!」という言葉は、「予測」している「流れ」に反する出来事が生じたため発せられているはずだ。

世界レベルの技術は本当に美しい。「集団」で「流れ」を形成できる人間の「可能性」には感嘆しかない。ある意味「自然界の美しさ」に近づいているように感じることがある。

もちろん、人間の「仕事」だから、アクシデントや躓き(つまづき)もある。
それを目撃することも脳に良い影響を与えるのではないだろうか。
実際「悲劇」を表現する「文化」は好まれる。

現代は「達人の技術」を観るためのスペックが豊富な時代だ。
何もない時代に育った人ほどその恩恵に感謝しているようだ。

世界大会は勝敗の行方に注目が向かいがちだ。
しかし、自分の中にも眠る「無限」とも思われる人間の可能性を感じる機会にもできるはずだ。

 

(注)鏡を見ているかのように、他の個体の行動を見て、自分自身までも同じ行動をとっているかのように反応をする、高等動物の脳内の神経細胞のこと。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

★東京・蔵前(台東区)の原田医師/医学博士による、
医療/健康相談「よろず相談所 One Love(ワンラブ)」
のご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

★この本が、あなたを変える!



土用の丑

「今年もシラスの収穫量が減ってる。もうこの商売ダメだね」
弟と鰻屋を営む近藤さん(仮名、70歳、女性)は言う。

「モノがない分にはどうしようもないもんね。お年寄りは増える一方だからウチの商売は当分安泰ですね」
とブラックジョークで返す。

もうすぐ「土用の丑」だ。
「需要と供給」の関係で、市場価格はひたすら高騰している。
(たくさん獲れたからといって値段が下がった記憶はないが…)
土用の丑だからといってお客が殺到することもないらしい。
廃業している店も続出しているそうだ。

「夏バテ(暑気あたり)」に鰻は効くのか?
食欲がないときに味気のないものを食べるより、「濃厚な味」のものの方が食がすすむことはある。
「鰻」と聴いて、よだれが出る人には効果があるに違いない。
ただし、消化機能が弱っているときは少ししんどいかも。
7月頃が時期的にも理に適っているのかもしれない。

ちなみに「土用の丑」の言い出しっぺは平賀源内だ。
江戸時代に
「夏バテ解消に鰻を!」
みたいなキャンペーンを打ち出したのだ。
いわば「ひとり広告代理店」のような存在か。

ジューンブライド(June Bride)という言葉がある。
「6月の花嫁は幸せになる」という言い伝え(?)があるそうだ。
実際は、「結婚式の雨は嫌われる。一番雨が多いシーズンの救済策」
と業界の人に聞いたことがある。

「タイトル」をつけることによって「意識」される。
それによって「消費行動」に結びつく。
まさに「口ぐせ」の効能だ。

「互助」につながるキャンペーン商法は、やりすぎない限り「あり」だと思う。

そういえば最近、鰻を食べるのは年に一回あるかないか。
今年の「土用の丑」は鰻を食べようかな。
一万人位に閲覧されているこのブログの効果は近藤さんに届くだろうか。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!





★この本が、あなたを変える!

三方よし

初めて訪れる駅に改札口がいくつかある。
目的地に行くには、どの改札を出ればよいかわからない。
地図にも載っていない場合、改札の駅員に訊くことになる。
そんなとき、駅員がいないとがっかりする。
別の改札に行ってもいない。
途方に暮れることになる。
一か八か出ることになるが、間違った場合、こんなに暑いと悲しくなる…
つい最近に実際にあった経験だ。

AIが職業を代替するようになると各所で無人化が進むのだろう。
無人レジも増えていく流れのようだ。
経費の中でも「人件費」が最もかかる。
「経営者」目線なら理に適っているのだろう。

大阪府の松井知事のツイッター上の発言だ。
今回の豪雨災害の共産党の募金活動に関して「自分たちの経費を差し引くので注意が必要」とツイートして抗議されている。
以前、松井知事は橋下氏の現在の肩書についても「国際ジャーナリスト」と評しており、理由を「海外旅行を全て経費化できるから」と述べていた。
よほど「経費」という概念を意識しているのだろうと思われる。

公共とも言える場所での「無人化」がどんどん進むことに不気味さと危険性を感じるのは自分だけだろうか?
以前にもブログで書いたが、「社会的つながり」の欠如が「自殺」と「認知症」の発生(発症)に強く関わっているようだ。
目の前の「経費削減」が、「社会的な損害」を産むことになるなら本末転倒である。

冒頭の松井知事は実に「経営者」なのだと思う。
しかし、相手あっての経営である。自分の組織だけ食えればいいのではない。
是非とも他者のメリットを「可視化」してほしい。
松井知事には「なにわ商人」として、是非とも「三方よし」の政策提言を強く期待する。

 

日本メディカルコーチング研究所
よろず相談所 One Love
所長: 原田文植