依存症

芸能人のアルコール依存が話題になっている。
何を隠そう私は学生時代パチンコ依存症だった。
天皇陛下の主治医である天野先生もパチンコ依存症だったそうだ。
天野先生は、パチンコで外科手術の集中力が培われたと言っている。
少し軽率な発言かもしれない。
20年以上遠ざかっているのに、いまだにフィーバーシーンが夢に出てくる。
思えば、うちは依存症が多い家系だと思う。母方の伯父は完全なるアルコール依存症で50代で他界している。
うちの父や父方の叔父を見ていて危なっかしく思うし、自分や弟にも素因は確実にある。
依存は病である。依存を治療するポイントは三つある。
まず第一に、自分自身が止めたいと思っていること。
周囲がどれほど止めさせたいと思ったところで本人にその気がなければ絶対に無理である。
たまにパチンコに夢中になっている間に駐車場車内で子供が死んでしまったという悲惨な事件が報道される。
かなりの確率でまたパチンコを始めるそうだ。依存症でない人からすれば、考えられないことかもしれないが決して少なくないのだ。
依存症はいわば「ブラックホール」だ。その強力さには「常識」という一般の強い力が歯が立たないのである。
二つ目は依存している対象よりも好きな、従事したい何かを見つけることである。依存症の人は集中できる資質を持っている人ともいえる。
最後の一つは他者の介入が必要である。パチンコにネガティブな暗示を入れ、近づきたくないようにすることである。
できれば、依存症の人が権威を感じる人物がコーチング的な介入をするのが理想だ。
エリック・クラプトンもマイルス・デイビスも薬物中毒と闘った。
あれだけの地位と名声があっても依存症に苦しんだ。一流になるほどの集中力と執念がある人間ほど陥りやすい魔物であり、事態は一層深刻になりうる。
依存症は他人事ではない、深刻な病であるとしっかり認識することによって防げるものである。
そして、そのことを知ることで、周囲の依存症の人を救済できるかもしれない。
原田文植

 

■原田文植 著作
「病は口ぐせで治る!」
フォレスト出版

病は口ぐせで治る!原田文植
Amazon Kindle





即興演奏

ジャズは即興演奏が命なのだが、耳慣れた「フレーズ」が聴こえる。
この「耳慣れた」というのがクセモノで、知っている「フレーズ」というのは居心地が良いのだ。
どっかで聴いたメロディ。でもそれが売れてしまう。
ポップスではよくあることだが、ジャズミュージシャンにはやってほしくない。
しかし、最近のジャズの教則本を見ても、「フレーズ」の練習が多い。
ジャズが面白くなくなったのはすぐみんな「フレーズ」をやりたがるから。
武道の師である日野晃先生の言葉である。
聴者にとっては「たった今生まれたフレーズ」と「耳慣れたフレーズ」では感動の質が全く違う。
ジャズという音楽の醍醐味は「演者と産みの感動を同時体験している」ことだと思っていた。
フレーズって何なのか?音楽はいつ発生したのか?日野先生とはいつもそういう問答になる。
どこが原初で、どこからが人為的なものなのか?全ての物事の大元を常に辿ろうとするクセをつける。
自分の現在の「思ったこと」もその根源を考え続ける。そのまた根源は?そのまた…
「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」
アインシュタインの言葉だ
「そんなの常識でしょ?」「当たり前でしょ?」
使い古されていた言葉だが「常に常識を疑え」である。
「自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない」
これもアインシュタインの言葉だ。
本当に「自分自身の目」で見、「自分自身の耳」で聴く。
めちゃくちゃ疲れる作業だ。
日野先生に言わせれば「脳に汗かかせろ」である。

日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■原田文植 著作
「病は口ぐせで治る!」
フォレスト出版

病は口ぐせで治る!原田文植
Amazon Kindle



ナンパ必勝法

「お姉さんキレイですね」
ある飲食店の喫煙所で話かけたら、なかなかノリのいい女性で話が弾んでしまった。
女性と同じグループの男性も加わり、さらに話が弾んだ。
その二人は「街コン」なるイベントに参加していたそうだ。
だからその二人も今日が初対面。
きっちりと二人を良いムードにしてあげた。
これぞ「無償の愛」!
世間には「ナンパのやり方」を教えるセミナーがあるらしい。
詳細は知らないが、かなりの高額で効果のほどは(?)なようだ。
ある組織の代表者が逮捕されたことから有名になった。
存在が認知されたことで広告効果があがった組織もあるかもしれない。
「ナンパの定義」を知らないので断言はできないが、ナンパを習う人が「モテる」確率は極めて低いのでは?
ナンパに有効かどうかは不明だが、
「相手の目を見て笑顔で挨拶をする」
これは訓練した方がいいと思う。
人間の能力には「本能的に備わったもの」と「訓練して獲得するもの」
があるがこれは確実に後者だろう。
幼児で初対面の人に笑顔で挨拶できる子はめったにいない。
ということは訓練で獲得するしかない能力である。
幼稚なままでいたくなければ訓練するしかない。幼稚じゃモテない。
「自分はあなたの味方ですよ!」という意思表示以上の護身術はないと思われる。
格闘技を訓練するよりは簡単だと思う。
これを誰に対しても、いつでもどこでも、常に実践する。
お陰で「ひいき」的サービスを受けることが多い。
ただし、それ目的だと「有償の愛」になってしまうので注意。

原田文植