嘘は罪なのか?

「世の中には3つの嘘がある嘘と大嘘、そして統計だ」
ベンジャミン・ディズレーリ(イギリスの首相、19世紀)

「偽相関」という言葉をご存知だろうか?
かなり面白いサイトがあるので見てみてほしい。

”Spurious Correlations”
http://www.tylervigen.com/

たとえば、
「1年間にプールで溺死する人の数と、ニコラス・ケイジの映画がリリースされる数には、66.6%の相関性が認められている」
その他に
「科学や宇宙技術に対して費やされるお金と自殺率の間の相関性は99.79%」
などだ。

気を付けなければならないのは、2つの事柄に相関性が認められても、実際には因果関係がないという事態が存在する。
相関関係≠因果関係ということだ。

「相関関係」とは、二つの事柄のうち、一方が変化すると、他方も変化する関係性のことだ。
「因果関係」とは一方が「原因」で他方がその「結果」で生じたもの、という関係性のことである。
「溺死数」と「映画のリリース数」に「因果」は存在しないだろう。
ニコラス・ケイジのアクション映画に影響されてプールに飛び込んだ人がいる可能性は必ずしも否定できないが…

ちなみに、相関関係が存在しないのに「因果関係がある」と仮説してしまう過ちを「論理的誤謬(ろんりてきごびゅう)」というそうだ。

10年以上前になる。某番組で「納豆食」と「ダイエット」の間に「因果関係」があると結論した。翌日全国のスーパーで納豆が消えるほどの大反響。
数日後、捏造(ねつぞう)があったことが発覚し、番組は打ち切りになった。
こちらは「捏造」なので罪は重い。
広告効果はまさに「禁断の蜜の味」なのだろう。
「論理的誤謬」と「購買意欲」との間には「因果関係」がありそうだ。
いずれにせよ人間には相当「因果関係」が魅力的に映るようだ。

極論すれば、科学というのはすべて「再現性のある因果関係」を求める学問だといえる。
科学者の中には「名声」や「賞賛」だけを望んでいる人もいるが、純粋に「真理」を追究したいと思っている人が大半だ。
研究において、「こうではないか」という仮説を立てた瞬間に「先入観」が生まれる。「捏造」とは縁遠い態度でも「欲しい結果」に近づくように無意識に誘導してしまうのだ。
それを「バイアス」とよぶ。そして、さまざまな「盲点」も生まれる。
ある意味この考え方自体が、「因果が逆転している状況」といえる。
思考の「クセ」から脱却することは本当に難しい。

しかし、誤解をおそれずに言えば、純粋に「因果関係」と断言できるものなどないのだ。
「バイアス」は「誤差」化することができるだけであり、決して「ゼロ」にはできない。観察者の存在がすでに「バイアス」だ。

そう考えてみれば、「騙された!」となるより、「そんなものだろう」という余裕で生きる方が楽しいかもしれない。

 

日本メディカルコーチング研究所
よろず相談所 One Love
所長: 原田文植

 



 



文通

往診患者の川上さん(仮名、91歳女性)は一人暮らしだ。
一昨年膝の手術をしたが芳しくない。
もともと社交的で色々なコミュニティに参加していた人だが、膝の痛みが原因でほとんど外出しなくなった。

川上さんは最近認知症が進んでいる。
自分の年齢はもちろん、日付やら何やら色々忘れている。
「わたし何歳だったっけ?」
と訊いてくるので
「45歳でいいんじゃない」
と応える。
それには大笑いしている。
興味を探そうと「何歳で結婚したか」とか「何歳で出産したか」とか訊くのだが、全部思い出せない。
「膝が痛いことだけが悩みだわ」
さすがにそれだけは忘れられないようだ。

そんな川上さんの至福の時間は、亡き夫の「回想録」を読むときだ。
地域で非常に人望があった、皆さんが口を揃えて言う。
川上さんの自慢の夫だ。
「書く」という作業を怠らなかった人らしく、残したものが膨大な量になっている。
川上さんは夫の膨大な作品(?)をすぐに手が届くところに置いている。
「コックピットみたいですね」
からかい半分に川上さんに言う。正直、地震時のリスクなどを考えると、もう少し片づけてほしいところだ。

結婚する前に交わしていた文通も全て残しているそうだ。
毎晩それを読んで、亡き夫と対話するそうだ。
「怪我の功名ですね!膝が痛くて出歩けないぶん、だんなさんといっぱい話せるじゃない」
と言ったら、これまた大笑いしていた。

亡くなった人のイメージはどんどん薄れていく。
そして記憶は改ざんされていく。
川上さんは文章の中の夫と「夜な夜な」逢瀬を重ねている。
ときに45歳になったり、22歳になったりしながら。
その間は自分の身体の不調を忘れている…

生きてきた証として「自分の頭の中」を書き残す。
そんな形で残された妻を助けている。
あっぱれ!
川上さんは本当に幸せな顔をしている。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

 

 

つまずかないように歩いてはいけない

「転ぶ」という経験をした患者さんは必ず
「これからは、つまずかないように気をつけて歩きます」
という。
「やめた方がいい」
と助言する。

脳は否定形を解さない。
「この文字を読むべからず」と書いてある文字を読まずにいられない。
子供は「ぶつかってはいけない」と警告された看板には必ずぶつかる。
「口ぐせ」を「肯定形」で作るべき根拠だ(詳細は自著『病は口ぐせで治る!』に)。
「つまづかない」は「つまづく」という言葉の「映像」と「感情」を惹起(じゃっき)してしまう。

これまでに「つまずかない」練習をしたことはないはずだ。
「つまずかない」はただの「結果」にすぎない。
「普通に」いや、「カッコよく」歩くように心がけることこそ大切なのである。

まずは頭の中で「映像」を作る。
上手く歩いている「映像」を頭に作ること。上手に歩いている実際の「映像」を利用してもいい。
脳卒中後のリハビリでVR(仮想現実)やAR(拡張現実)が利用され始めている。効果もあげている。
実は「静止画」の方がむしろ効果的なこともある。脳が次の動きを補ってくれるからだ。勝手に創意工夫してくれるのだ。
これは「フレーム」で物事を捉えるという脳の習性に基づくものだ。詳細は長くなるので別の機会に。

似たような話は新たな技術を習得する際にも言える。
初学者は、達人の技巧を、記憶するぐらい「目に焼き付けて」から手をつけた方が確実に上達する。
一度ついたクセはそう簡単にとれないからだ。
様々なジャンルで「達人」と呼ばれる人たちがみな口を揃えて言っているから、かなり信憑性は高い。

うまく行っている「映像」をしっかり作ってから行動する。
これはみなが描く「映像」が「素晴らしい世界」の実現に重要だと言っては飛躍しすぎか。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

★東京・蔵前(台東区)の原田医師/医学博士による、
医療/健康相談「よろず相談所 One Love(ワンラブ)」
のご予約は↓↓↓から

RESERVA予約システムから予約する

★この本が、あなたを変える!