好きこそものの上手なれ

「何の仕事をされているのですか?」
「医者です」
「そうですか。最近減ってますよね。
それはそれは…」
と何とも違和感のある返答。
それからお墓の話が始まった。
「あのう、何の話をされてますか?」
とおそるおそる訊いてみた。
どうも「石屋」と思われたようだ。

話の相手はお寺の住職。
だからこその聞き間違いだ。

興味ある情報が集まるということだ。

安くて美味しい居酒屋がある。
そこのマスターと「休日」の話になった。
日曜日も料理のことばっかり考えている。
だから実質「休日」はないとのこと。
自分も同じ感じなので意気投合した。
「この食材はどう料理しようか?」
「これとこれを合わせれば?」
四六時中料理のことを考えているそうだ。
高くないお店だ。
採算が合わない発想がわんさか湧く。
ボツになったアイデアだらけだ。
お蔵入りになっている料理たち。
実に食べてみたいものだ…

「好きこそものの上手なれ」

「あなたにとって野球とは?」
と訊かれた野村克也さんの答えだ。

「好き」じゃないことはやるな。
常に自分に語りかけている。
特に仕事と趣味・娯楽は。
趣味まで義務的にやっている人がいる。
理解不能だ。
時間がもったいないのでは?

絶対に「好き」な職業を選ぶべきだ。
「社会」と関わって「対価」をもらう。
「好き」でないことをされたら迷惑だ。
仕事は大抵長い年月関わることになる。
好きでないことを継続すれば病気になる。
つまり「好き」でない仕事は自傷行為だ。

「好き」なことは四六時中考える。
いや、考えてしまう。
「無意識」も動員される。
好きだからこそ、情報は無限に集まる。
当然、「労働生産性」も上がるはず。

好きなことしかやらない。
好きな人としか会わない。
好きな場所にしか行かない。
そう決めたんだから仕方がない。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植





医者の下ネタ

「嫌い」という言葉が嫌いだ。

大抵のことはそこまで嫌わなくていい。
ひとたび「嫌い」と発する。
すると心底「嫌い」になってしまう。
周辺情報が集まるからだろう。
「嫌い」をどんどん追認するようになる。

「年齢相応」という言葉が「嫌い」だ。
年々どんどん嫌いになっていく…

周囲に音楽をやっている人が多い。
バンドマンの特徴は?
少年時代の感動をキープしている。
人を笑わせるのが好きだ。
そして「オンナ好きのホモ」だ。
つまり「人間愛」の強い人々だ。
ある年齢で止まっている感じだ。
だから「年齢」というタイトルは不要だ。
バンドマン同士はタメ口が多い。
プレイへの敬意が伝わっているからだ。

何の話がしたかったのだろうか?
「過活動膀胱による頻尿」の問題だ。
常識的には「加齢による変化」だ。
しかし「老化」なのか?

あえて年齢相応の「知恵」と考えたい。
赤ん坊は所かまわず排泄する。
大人はそういうわけにはいかない。
何で?
ルール?羞恥心?社会迷惑?
ぜんぶ「社会的理由」だ。
「シモ」の失敗体験はみな持っている。
医者は一般人以上によく知っている。
医者には告白してくれるからだ。
社会的理由を優先するのがオトナだ。
そのことが「病」や「悩み」になる?
迷惑をかけたくないという心由来だ。
「配慮」という心は進化の賜物だ!

ローリング・ストーンズをご存知か?
結成55年の超大御所バンドだ。
世界ツアーは常に満員。
ステージで飛び回る姿は少年のままだ。
でも…
ヴォーカルのミックジャガー以外は…
全員「オムツ」なのだそうだ。

全然オーケー!
社会的にカッコよければ良いのだ!

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!





発声練習してる?

最近また頭が痛い、耳のうしろの方が

佐藤さん(72歳、女性)は訴えた。
前にも同じような痛みがあったそうだ。
そのときは歯医者さんから
「噛み合わせが悪いからですよ」
と言われて治療をしてもらった。
そしたら治った。
今回は歯の噛み合わせは悪くない。
けれども痛い。
「なんでかしら?」
と訊かれたので
「だんなと噛み合ってないんじゃない?」
と言ったら
「そうかもしれない」
との返答。

夫はアルツハイマー型認知症だ。
夫の認知症は進行していない。
「イライラした態度を極力とらないで」
と指導した。
感情は伝播する。
負の感情が伝播すると認知症が進行する。
余計に家族はイライラする。
悪循環に陥っている家族は少なくない。

妻はよく頑張った。
大らかに見守るようになった。
夫は異常行動を取らなくなった。
「天然ボケ?」
と周囲に間違われる程度で経過している。

なのに最近また妻はイライラし始めた。
夫の「難聴」が進行しているそうだ。
テレビの音が異常にデカい。
何度も話しかけても気づいてくれない。
当然、声を張り上げることになる。
つい顔をしかめ、声を荒げてしまう。

「気持ちは本当によくわかる。
発想の転換。発声練習やと思いましょう。
荒げずに大きな声を出す方法もあるはず。
意外と声って肝心なときに出せないもの。
強盗に遭ったときに声が出せるかどうか?
運命の分かれ道よ」

と助言(?)した。
佐藤さんは苦笑いしながらも
「努力してみます」
と言ってくれた。

助言はもちろんアドリブだ。
ふざけてる?
そうかもしれない。
でも面白可笑しくするしかない。
深刻になっても改善しない。
こっちも真剣にふざけている。

認知症で難聴の夫。
夫婦二人っきりの生活。
現実によくある「ブルース」ではある。
でも当事者にとっては?
「絶望の淵」と感じる日もあるだろう。
それは打開しないといけない。
それには「ストーリー」が欠かせない。

一か月後またこの夫婦は来院する。
成果を吟味し、また問題に立ち向かう。
一緒に!面白可笑しく!

ちなみに「発声練習」のネタ。
この日3回使いました。

 

よろず相談所 One Love
日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

■(一般の方向け)
【よろず相談所 One Love 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/oneloveclinic/
是非ページ『いいね』してくださいね!

■(医療従事者向け)
【日本メディカルコーチング研究所 公式facebookページ】
https://www.facebook.com/imcjapanorg/
是非ページ『いいね』してくださいね!