「ほめる」の功罪

他者から「ほめられたい」という認知欲求はよほどのひねくれ者でないかぎり持っている。
しかし「ほめられたい」という欲求が誤った方向に向かうことがある。
「カンニング」も「研究データ改ざん」もある種「ほめられたい」欲求が産み出した不正ともいえる。
「投資」に見合わない「報酬」を求めるのは卑怯でしかない。

コーチングでは「ほめる」ことにより、「自己効力感」を持たせることが原則だ。
しかし「人をみて法を説け」ともいう。
患者さんに対しても同様で、常に「ほめる」ことによって、患者さんの健康を害することにつながっては当然本末転倒である。
「段階」、「状況」、「理解力」に応じた「ほめる」の実現を心がけているつもりだ。

スタンフォード大学の心理学教授キャロル・S・ドゥエック氏が行ったおもしろい調査結果である。
思春期初期の子どもたち数百人を対象に、知能検査のかなり難しい問題を10問やらせた。

ほとんどの生徒がまずまずの成績。終わった後で、褒め言葉をかけた。
褒めるにあたっては生徒を二つのグループに分け、一方のグループではその子の「能力」を褒めた。
「まあ、8問正解よ。良く出来たわ。頭がいいのね。」といった具合。
もう一方のグループでは、その子の努力を褒めた。「まあ、8問正解よ。良く出来たわ。頑張ったのね。」といった具合である。
グループ分けをした時点では、両グループの成績はまったく等しかった。
そして、子供達に、新しい問題を見せて、新しい問題に挑戦するか、同じ問題をもう一度解くのか、どちらかを選ばせるという実験を行った。
すると二つのグループの間で、明確に差が現れた。
まず、頭の良さを褒めたグループは、新しい問題を避け、同じ問題を解こうとする傾向が強くなった。
ボロを出して自分の能力を疑われるかもしれないことは、一切やりたがらなくなった。
一方、努力を褒められた生徒達は、その9割が、新しい問題にチャレンジする方を選び、学べるチャンスを逃さなかった。

努力した過程を褒めると、子供は「努力すること」に喜びを感じるようになる
「能力」をほめられた子供は、自分に「能力」がなかったということを証明することを避ける
ということだ。

「ほめ方」が人の心の「チャレンジ精神」を阻害する可能性があるということだ。

人をほめるときは「過程」をほめるようにするのが「効く」ということだ。
自分自身に対しては?
常に「挑戦する自分」を「誇らしい」と思うクセをつけることだ。

日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

★この本が、あなたを変える!

野生動物はダルくないのか?

「ダルいんです」
これも外来でしばしば出くわす言葉のひとつだ。
一般的な検査を一通り行って、明らかな異常はなさそうだ。
そう説明をしても 「ダルさが抜けないんですよね」と納得してくれない。 医者泣かせな主訴の一つだ。

逆にだるくない人っているのだろうか?

何もやることがなかったらどんな人もゴロゴロしていたいのではないだろうか? 実際、野生動物は年がら年中捕食活動をしているが、飼われているペットはいつもゴロゴロしている。
きっと全ての生き物は満腹になればダルいのだ。
仕事も用事もなければみんなゴロゴロしてたいのだ。
人間は自分のことでなくても用事を作ることができる稀有な動物だ。
だから赤の他人のことを心配するし、ボランティア活動のために、自分の時間を割くこともできる。
「ダルい」という感覚に騙されてはいけない。好きで好きで仕方がない人でも会いたくないほどダルい。それぐらいでないと「ダルさ」を正当化しないようにしたい。
「動機」が「ダルさ」を消してくれるのである。

原田文植

親の呪縛


「小さい頃は身体が弱かった」
82歳の女性患者さんは中華料理屋に嫁ぎ、子供三人をおんぶしながら夜通し働いたそうだ。
旦那は料理の腕前は近所でも評判だったが、酒飲みの博打うちで苦労させられたそうだ。
82歳でほぼ病気知らず。三人の子供も立派に育て上げた。
今は孫の面倒をみながら、先逝った旦那の墓参りにも毎週行っている。
「丈夫以外の何物でもないと思うのですが、いつまで弱かったの?」
と訊くと、
「結婚してから強くなった」そうだ。
ちなみにこの患者さんによると自分の息子も「弱かった」らしい。

46歳の女性患者さんはひどい貧血症状で受診してきた。
食事指導をしっかり行い、再診を促した。
後日、患者さんの母親が受診したので、「どうですか?」と娘の様子を訊いた。
「絶対太りたくない。と言ってダイエットを止めないんですよ」
と困りながらの返答。
全然太ってない。むしろ痩せている。
そこまで執念深いダイエットをする理由は何だろう?
昔いじめられた、とか何かのトラウマがあるかもしれない。
母親に「心当たりないですか?」と訊いてみた。
すると、その母親はハッと思い出したように言った。
「死んだ夫は、私にも娘にも絶対に女は太っちゃいけない、ってずっと言っていた」
すっかり皆が忘れていた旦那の口ぐせだった。
父親の言葉による「呪縛」かもしれない。確かに母親も太っていない。

子供が自ら「身体が弱い」とか「太っている」と判断することはない。
「弱さ」も「太さ」も比較対象ありき、だから。
はじめに親が指摘し、ある種の「呪い」をかけてしまう可能性は非常に高い。

中華料理屋さんの女性の場合、「逃げ出せない状況」が「身体の弱さ」を克服させたのだろう。
しかし、息子にも同じような「呪い」をかけてしまったかもしれない。
子供にとっても「身体の弱い子」として扱われるのはそれほど不快ではない。
むしろ優しくしてもらえる状況に「無意識」で甘える可能性もある。
いわゆる「かまってちゃん」が生まれる機序だ。

「女は太ってはいけない」という「信念」を変えるのは容易ではない。
健康な「見た目」の達成を落としどころにしようかと目論んでいる。
自分の「信念のようなもの」の大部分は親の影響を受けている可能性が高い。

日本メディカルコーチング研究所
所長: 原田文植

 

(日本メディカルコーチング研究所: 各SNSサイト一覧)
Twitter: https://twitter.com/FumiueHarada
facebook: https://www.facebook.com/imcjapanorg/
Instagram: https://www.instagram.com/fumiue.harada/
Tumblr: https://www.imcjapan.tumblr.com
Google+: https://plus.google.com/u/1/116079621458834311932