コロナホテルで思う


医者が好きだから。
医者をやっている理由を問われたら、
それ以外にしっくりくる答えがない。

昨日はコロナホテルに勤務だった。
有志の仕事だ。

先輩たちの日記が残っている。
みな克明に書き綴ってくれている。

医者って観察力スゴイ!

改めて感心した。
そしてみな好きでやってるな!
誇らしく思った。

この人たちは、無給でも場所を探して
医者をやっているだろう。
金持ちになれないかもしれないが
食えないことはないだろう。

みな確信しているはずだ。

文化芸術分野で国に補償を
求める動きを見る。

もちろん気持ちはよくわかる。
だけどよく考えてほしい。

ホンマに好きでやっているのか?
表現したくてどうしようもない
「何か」を持っているのか?


どんな状況でも、それを求める
観客がいれば食えるはず。
その観客はいるのか?

自分に問い合わせてみた。
好きなモノ。
本、音楽、映画、ライブ・・・

自分にとって映画もライブも
辛抱できるようだ。
音楽も何らかの形で演奏できれば
聴けなくても我慢できそうだ。

聴きたくてどうしようもない
ライブも映画もないということだ。
(あくまで自分にとってはの話)

でも活字がなかったら気が狂う。
コロナ禍で自分の欲が明確に
なったのは収穫かもしれない。

2歳になった息子のわがままがスゴイ。
欲求への忠実さが半端ない。
いつまで王子として扱われるか?

「欲求は叶う」という成功体験を持った
まま大人になるのも悪くないかも?

できる限り叶えてやるか?
と思うこともある。

話は変わる。
家族と2か月離れて暮らした。
不謹慎だが、わりと快適だった。
投獄されても本が与えられれば
何とかなりそうだ。

気合がスゴイね


「要は気合」
友人で元世界チャンピオンだった
徳山昌守君が現役時代よく言っていた。

「先生は気合がスゴイですね」
患者さんからたまに言われる。
ホメ言葉なのだろうけど、
なんとなくしっくりこない。
「力み」を指摘されているような・・・

数字を駆使し、学術的根拠のある
話を散々しているにも関わらず。

関西弁のせいかな?

「気合」という言葉の意味にも、
階層性がある。
「病は気から」も同じ。
軽々しく使ってほしくない。

「気合」は絶対に大切だ。
というか気合が入らないと何もできない。

気合がない状態はビビっている状態だ。
ビビっているということは、脳内が
恐怖に占拠されている状態だ。
この状態ではミスをする。
注意散漫で医療現場に立ってどうする!
(また誤解される気合の発散か・・・)

正しく情報収集するためには気合が必要。
能力を発揮するためには気合が必要。
世界戦のリングで冷静に戦況を
支配する友人の勇姿に感動した。

気合の使い方は奥が深い。
それぞれのリングで気合を発揮すべきだ。

と書きながら文章の「力み」が悔しい。

抗体検査


大学時代の親友から抗体検査キットを
寄贈してもらえることになった。

スタッフの人数分の抗体検査キットを。
もちろん「新コロ」用のキットだ。
素直に嬉しい!

親友は小児科医だが、
大人も診る決意をした。

クリニックのそばのプレハブで
「発熱外来」を開くことにしたのだ。

小児科医の医師が大人の診療もする。
実は、このご時世なかなかできない。
誰も責任を取りたがらない世の中だ。

「原田に刺激受けたんや」

そう言ってくれたことに恐縮した。

「孤軍奮闘」という言葉は嫌いでは
ないが、独りでは何もできない。
そして、何も動かない。
他にも多くの仲間が行動を始めている。
嬉しいし、刺激を受けている。

親友のクリニックでは、自費での
抗体検査も導入するそうだ。
IgM、IgGのどちらも検査できる
タイプらしい。

結果の評価の仕方と患者さんへの
フィードバックについて少し助言した。
どれほど想定しても必ず想定外が出る。
出たとこ勝負!全部勉強!

どうってことない助言のお礼として
キットを寄贈してくれたのだ。
関西在住で新コロ抗体検査に
ご興味ある方は是非ご連絡下さい!