交通事故は年々減っている


運転免許を取得した当日、事故した。
友人の車を運転して左側を擦った。
車両保険に入っていなかったので、
安くなかった。
車屋だった先輩の計らいで月々1万円の
30回払いにしてもらった・・・

30年ほど前のホロ苦い思い出だ。

路上のカフェテラスで妻と話していた。
妻はトークに熱が帯びてくると
右腕の動きの激しさが増す。

千手観音のように・・・

背の高い妻(173cm)は腕も長い。
我々のテーブルの横を通りがかる
歩行者はふいに飛び出す妻の腕に
対し、身をよじらせて器用に避ける。
妻は自分の「車幅」に気づかず、
熱弁をふるっている。


その光景を視界に入れながら、
聴き逃がすまい!
という雰囲気を醸し出す。
話の腰を折らないように・・・

診療技術は夫婦円満にも活きる。

花粉症フリーズ


「穴という穴全部から鼻水が出ます」
花粉症のシーズンが到来した。
更年期による不調も加算されているのか。
河野さんはオーバーな表現を好む。

もちろん、症状が出ている穴は
目と鼻だけだ。

「へそから出てんの?
お尻の穴から出てんの?」
「出てませんよ~」


常々述べているが、欲しくない状況は
口に出さない方がいい。

河野さんには子供が二人いる。
「子供の成績が落ちるよ」
「どういうことですか?」

母親の口癖が伝染るからだ。

勉強ができない子は往々にして
「全然わからない」
と言いがち。
「わかるところもある」
からスタートするのが学習のコツだ。

シャットダウンしてはいけない。
思考停止は「フリーズ」だからだ。

最近の知見で、交感神経の働きとして
「闘争と逃走」の他に「フリーズ」と
いう働きもあることがわかった。
いわゆる「死んだふり」だ。
ある種の状況においては、生存確率を
上げるらしい。

学習に死んだふりは全く必要ない。
交感神経に仕事させる必要もない。

母親の口癖は子供に影響大だ。

「ヘソから出てないのを喜んで」
イヤミと薬を出して解散。

医療に「脅し」は使いたくない。
「全部」とか「全然」の誤用が
好きでなさすぎるから時々出てしまう。
フリーズしているのかも…

修行が足りない。

新型コロナウイルスその3


野口さんは75歳女性。
やや高い血糖値のフォローで
数ヶ月に一度受診する。
よく運動もし、順調だ。

「5月にダイヤモンド・プリンセスに乗る
予定だったんですよ。キャンセルしました。
危ないところだったわ」
「5月には落ち着いてるでしょ。
クルーザー会社助けてあげんと」


会社が無くなる可能性は高いが…

熟年夫婦旅行がほとんどだろう。
(今乗ってたら…)
ゾッとする気持はわかる。
不安をなだめるため、丁寧に
診察してあげた。

中田さんも75歳女性。
ホテルでメイドをしている。

「今朝突然仕事に来ないでって」

新型コロナの影響でキャンセル続出。
それにしても、当日になって
「来なくていい」はひどい。
立場が弱いので従うしかない。

「おかげで早く来れたから安心よ」
中田さんは前向きだ。
ご褒美として、いつもより念入りに
診察してあげた。

感染症流行も自然災害の一種だ。
オーストラリアの火災も数十年ぶりの
豪雨でようやく鎮火した。
大きな力には、人間は到底敵わない。

1mmの百万分の一サイズのウイルスが
間接的に人生に噛みつく。

アホにならずに、冷徹にそして明るく
「怪我の功名」を期待するしかない。