人の命がかかっているから


早い話が
正論は最強だ
ということだ。


東京はカフェが多い。
理由の一つは家賃が高いことだ。
狭い部屋にしか住めない。
カフェでくつろぎ、仕事をする。
今は家にいないといけない。

人の命がかかっているから・・・

趣味がアウトドアの人は多い。
患者さんには社交ダンスが
趣味の方が多いが、全部中止だ。
自宅でテレビを観るしかない。
仕方がない。

人の命がかかっているから・・・

世界的に飲酒量も増えているらしい。
運動不足と過飲で鬱は悪化する。
みな気の毒だが仕方がない。

人の命がかかっているから・・・

日当で暮らしている人は大変だ。
自営業者も気が気でないだろう。
今月の家賃が払えないかもしれない。
売上がないので貯金から出した
79歳のスナック経営者がいる。

仕方がない。
人の命がかかっているから・・・

自分のことを書く。

雇われ院長なので給料は保証されている。
もともとインドアなので生活は変化なし。
論文を書いたり、楽器を弾いたり。

食べるのも一日一食。
最近は昼食に出かけることが多い。
どこもガラガラで、「間」が気まずい。
店主を励まし、プチ医療をする。

家にはテレビがないので専ら読書三昧。
この土日で20冊以上読破した。

妻子は帰省している。
隔離に近い閑静な田舎から、悪名高い
東京に還る日はいつになるのやら。

なので自分の生活に不便はない。
規制を強いられる人々が気の毒だ。

医療的なことを書く。
発症している人でなければ
「3密」を避けることで十分。

都知事の「歯に衣を着せた」
物言いがすべてだ。

本当に若者の外出が問題なのか?
院内感染の制御こそが問題なのでは?
院内の状況は見えない。
外を歩く若者は見える。
だから攻撃対象になる。


それは「思考停止」に他ならない。
「ゼロリスク」の追求は気が狂う。
妄想と付き合うことになるからだ。


仕方がない。
人の命がかかっているから・・・

この「正論」には歯向かえない。

愛こそはすべて


研修医の頃、某犯社組織に所属する
C型肝炎の患者さんに質問された。
「彼女に伝染りますか?」
指導医の答えが振るっていた。

「愛が強いほど伝染ります。でも
愛があれば乗り越えられます」

「新コロ」が蔓延している。
(久住先生のマネをして「新コロ」と
呼んでいる。ちなみに「狂牛病」は
「京牛病」と呼んでいた)
各地で感染者が続出している。

勝手に治っている人もかなりいる。
治癒症例がドンドン耳に入ってくる
ようになったことは安心材料だ。

完璧に逃げ切ることはできないが、
予防策や対応策はある。
「3密」行動をしないのもその一つだ。

このウイルスを怖くしている最大の
要因は「無症状の人から伝染る」だ。

前から「変だ」と思っていた。
どうやって伝染るのだろうか?
無症状の人はウイルス保菌量が少ない。
だから咳も熱もないのだ。
一体どうやって?

「接触感染」だ。
キスする勢いのハグだ。
これは避けた方がいい。


欧米との文化の違いが大きい。
ほどほどの距離確保と換気で
まず大丈夫だ。


それにしても限界がある。
子育て中の親や医療従事者だ。
幸い、子供は強そうだ。
病院や老人施設での院内感染が
最大の問題だ。

抗体保有者と、スキルのある人が
対応する形になっていくだろう。
軽症者のホテル収容は評価できる。
そこで感染から回復した人や、
抗体保有者が対応する。

時間は多少かかるがその方向に
いくしかないだろう。

広めない努力はした方がいいに
決まっているが限界はある。
あまりにも敏感になり過ぎて、
排他的になっている精神状態は
むしろ危ない。


このご時世、重症の人はほぼ
外出しないはずだ。
「3密」は避けるようにしよう。
換気のいいところで美味いものを
食べればよい。


それでももし罹ったら?

しっかり養生して治し、無事に
抗体保有者になることができた。
おめでとう!
その暁には、ぜひいろんな形で、
愛を思う存分発揮してほしい。

ロックダウンのその前に


情報という言葉に「情」という
字が入っていることに気づいた。

元来「感情を報(しら)せる」
という意味だったのだろうか。

「早くロックダウンしろ!」
そういう論調が目に入るのは
こちらが意識し過ぎているせいか?

著名人の感染や、子供の感染には
やはり、みな動揺する。
感情むき出しの「ベタ」な情報が
飛び交うことになる。


少なくとも「一律休校措置」は
感染拡大を防がなかった。
ロックダウンは時間稼ぎにはなるが、
その間の副作用は「未知の世界」だ。

アメリカでは銃が飛ぶように売れている。
フランスではDVが多発していると
友人から聞いた。
人はウイルスだけで死ぬわけではない。
カネでも暴力でも思い込みでも死ぬ。

傍観者然して講釈垂れても仕方がない。
対案を出す。

現状の感染拡大の最大要因は院内感染だ。
逆に言えば、多くの医療従事者が
感染していることがわかっている。
しかも彼らは仕事をできていた。
陽性ではあるが軽症か無症状なわけだ。

では、一斉に施設に集めてはどうか?
他の軽症患者と一緒に。


場所は病院以外の施設を利用する。
地域のホテルを利用すればよい。
もちろん国がホテル代は保証する。
医療従事者と一緒にいるなら患者も安心だ。

基本的には安静にしているだけだから、
それほど消耗しない。

発覚している病院は氷山の一角だ。
他の病院でも必ず潜在感染者はいる。

そこで医療従事者に一斉に
抗体検査を実施する。

陽性者は安心して仕事ができる。
重症対応できるスキルのある人は
そのまま自信を持って勤務する。

スキルのない人は現行の医療を継続
しつつ、感染対応のヘルプをする。
外来のみ、もしくは軽症対応でもいい。

医者は30万人看護師130万人いる。
勤務から離れている人でも
仕分けくらいできるはずだ。


とにかく医療崩壊してしまったら、
ロックダウンもクソもない。

力をあわせるしかない。
治癒した人から順に免疫保有者だ。

この手は非常に有効だと思うのだが。

ロックダウンすると移動できなくなる。
幻のアイデアになりませんように・・・